スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現行キン肉マン 第224話:光明たる便器!! ツッコミ 感想 レビュー


   現行キン肉マン 第224話:光明たる便器!! 
  ツッコミ 感想 レビュー





ネタバレ注意!



続きを読む

関連するタグ キン肉マン感想オメガ・ケンタウリの六鎗客正義の5本鎗ベンキマンギヤマスターサタン編

現行キン肉マン第223話:インカの叡智!! ツッコミ 感想 レビュー


   現行キン肉マン第223話:インカの叡智!! 
  ツッコミ 感想 レビュー





続きを読む

関連するタグ キン肉マン感想ベンキマンギヤマスターオメガ・ケンタウリの六鎗客正義の5本鎗サタン編

現行キン肉マン第216話:滾れ!紅茶!! ツッコミ 感想 レビュー

2017/08/28

 なんのこっちゃなタイトル

「闘将!(たたかえ!)拉麺男」のオマージュでしょうか

「滾れ!紅茶!!」は「たぎれ!ティーパックマン!!」
と読めばいいんですかね



まさか5人全員この形式のサブタイトルを発表するのか!?
残り4人分考えてみた

続きを読む

関連するタグ キン肉マン感想正義の5本槍ティーパックマンサタン編ヘイルマン

キン肉マン ツッコミコラム#24:正義の5本槍のメンバーは弱いのか!? 本当のところの「強さ」検証 (感想・考察) その2 ティーパック&カレクック編

2017/08/11掲載


 「正義の5本槍」のメンバーの実力を疑いつつ検証するその2


 ティーパックマンの実力は?


予選を通過したらしいが予選で目立った活躍は無し
こんな貧弱(当時)の体つきで新幹線アタックをクリアしたのか


まあそれを言い出したらチエノワマンも怪しいですが


まともに試合が描かれたのはウォーズマンとの一戦だけ


「水分を含んで鉄のように重たくなったティーパックで攻撃」という
当時小学生の私も疑問に感じる攻撃方法


「水分でびちゃびちゃになったシャツで殴ると意外と痛い」と考えればいいのか


もちろんこの攻撃も「超人レスリング」というガバガバルールの競技においては「合法」

仮に本当に鉄のように重たくなっているとしたら
鉄球を振り回しているようなモノですが初めからコスチュームの一部として
身に着けているモノは合法なのだ


そしてその例は対戦相手のウォーズマンにも適応される
序盤は優勢に進めていたティーパックマンだが

自身のティーパックが首に巻き付いてしまい
そのスキをウォーズマンのベアークローという「合法攻撃」で
惨殺?されてしまう

凶器攻撃を始めに持ち込んだのは彼なので
敵から同じことをされても文句は言えまい



 これだけ見ると彼が「ウォーズマンの引き立て役」「かませ犬」に見えるかもしれないが
注目すべきは絶命した後


なんとウォーズマン、ティーカップマンの首をもぎ
その頭の紅茶を飲み始める


ロビンのようにマスクの上から飲食できる世界感であるにも関わらず
ウォーズマンはちゃんと「口を開けて」紅茶を飲んでいるのだ


そう、「ウォーズマンスマイル」の表情で


 ウォーズマンスマイルとは?


トレーナーのバラクーダ(ロビン)曰く
「よほどの実力者と出会った時にしか出さない」


「その対戦相手は死ぬ」




作中でウォーズマンスマイルを出したのはティーパックマン戦が最初だが
言及されたのはキン肉マンとの決勝戦から


このスマイルを出した「真の実力者」は
訓練相手の虎、カマーンダス
ティーパックマン、キン肉マン、アトラクションに遊びに来た子供
ザ・マンリキ マンモスマン ポーラマン



この中で異彩を放っているのは「アトラクションに遊びに来た子供」だが
見た目が人間なだけで


この子供が将来有望な超人の子供である

可能性も捨てきれない



このアトラクションは日本で開催されたためこの時の子供は時代的に「二世」に登場する
万太郎以外の新世代日本超人
「農村マン、EZOマンあたりの父親か血族」と考えてもいいかもしれない


つまり「風船割に参加した子供」は
「EZOマン」「農村マン」と言い換えることも可能



つまり「ウォーズマンスマイル」の対象になった超人を
強さの検証を行うティーパックマンを除いて強い者順番にならべると


キン肉マン>マンモスマン>ポーラマン>ザ・マンリキ
>農村マン>カマーンダス>EZOマン>訓練中の虎


ここで生物的にいくら強かろうと超人を超えるとは思えない最下位の虎は外す

次に強い方から明らかにティーパックマンより強いであろう
キン肉マン~ポーラマンを削除する


つまりティーパックマンの強さの振れ幅は

ザ・マンリキ≧X(ティーパックマン)≧EZOマンであることが判明する


この幅の中で一番の強豪のマンリキも最弱のEZOマンも強さとしては
微妙な点があるので注目すべきは「農村マン」


体術や器や技、どれをとっても「日本代表」として恥じないレベルを満たしている
万太郎に負けたのは血統的にどうしようもない部分もあるのだ


そんな彼を「ティーパックマンと同等の強さ」と言い換える事も可能では無いか


つまりティーパックマンの「強さ」を知りたいのなら
「農村マンがその対戦相手に勝てそうかどうか」を考えればいい



 今回ティーパックマンが試合をする相手は氷の超人ヘイルマン
彼がギミックにまみれた超人の場合
正統派レスリングの農村マンが負ける絵図が思い浮かばない


同じく「氷」がモチーフの超人としては
南極のクリスタルマンがいるが彼の活躍は
「冷静かつ王道なファイト」に留まっている


さすがにヘイルマンはオメガマンの側近であるため
クリスタルマンよりは強いとは思うが参考にはなるだろう


「ティーパックマン」を「農村マン」
「ヘイルマン」を「クリスタルマン」に置き換えた場合


農村マンVSクリスタルマンのドリームマッチを思い浮かべると
勝敗に関係なくほぼ互角のいい試合をしそうなものでは無いだろうか?




つまりティーパックマンVSヘイルマンはいい試合をすることが予想される



 結論:ティーパックマンの実力は「二世」の農村マンと同等

ヘイルマンがクリスタルマンと比べてどの程度の上位互換であるかどうかで
アッサリ負けてしまうか食らいつけるかが変わってくる




 その3:カレクック編


五本槍のメンバーベンキマンと同じく特別読切にて勝ち試合が描かれた超人

ゆでたまごが「今ならラーメンマンと同等のカッコイイカレクックが描ける」という公約通り
大暴れする「残虐超人カレクック」の活躍が見れたいい読切でした


キン肉マンと当たって負けてしまったのが彼が旧作でフェードアウトした理由だが
元々ラーメンマン、ブロッケンマンと共に「三大残虐超人」として
金星図書館のとある資料の同じページに取り上げられる程の超危険人物


この他の試合描写にはスカイマンとのタッグで得たタイトルを
四次元殺法コンビに奪われている等がある
(前述でこれを超人師弟コンビと間違えてしまった事をお詫びします)


流石にブラックホールやペンタゴンには敵わないかもしれないが
当時同格とされていたブロッケンマンが「ラーメンマン過去最大の難敵」だったらしいので
聖なる完璧の山に渡り完璧無量大数軍の一員になろうとしていたラーメンマンからの
評価という事でブロッケンマンの実力は「最低でも無量大数軍下位」とする
(この前提が過大評価だと思う人もいると思うが)


カレクックもあれから鍛錬を積んで流石にブロッケンマンと同格だった頃よりは
強くなっている気がするので彼の強さは「無量大数軍中位」

つまりは「マックスラジアル」「クラッシュマン」「ターボメン」辺りと同等であるとも言える

あくまでブロッケンマンの評価をラーメンマンの発言通りとするならば、だが

参考資料:
キン肉マン強さランキング




流石に新シリーズの敵でもこれら無量大数軍中位連中と闘うのは骨が折れるだろう

つまりは


カレクックは善戦すると予想できる



 結論:カレクックの実力は無量大数軍中位レベル
(簡単に言えば「強い」と断言して良いレベル)
しかしこれはラーメンマンがブロッケンマンの評価に嘘を吐いていない事が前提となる


カレクックが善戦すればラーメンマンは嘘を吐いていなかったことになり
ブロッケンマンの評価も上がる


 原作カラーの超人たちが新発売される中唯一のアニメカラー超人
まあ原作キン肉マンはあまりにも「銀色」と「赤」の組み合わせが多いし
俺もこの超人の色といえばこっちを思い浮かべる



次の考察はベンキマンと一番注目のカナディアンマンを予定

カレーと紅茶の「ランチセット」コンビと
ウンコとうんこ野郎の「うんちセット」コンビとで記事を分けました




現行キン肉マン第214話:発令!“惨殺”命令!! ねっとり感想レビュー


2017/08/07掲載


 「ああ、こうなれば闘ってやるぜ。今更ひっこみがつくかってんだ」


カナディがすでにあがってますが伝統芸能

あがり症を克服すればアイドル超人と同じくらい強いとされているが果たして



「相手は5人だな」


まさか・・・



「よーしお前らひとりずつ相手をしてやれ」



まともな試合展開きたあああああああああああ!!




まさかまさかのここから5試合ちゃんと見せます!?



正直実力的に次の週では5人ともあっさり一蹴されててもおかしく無かっただけに
この展開は直球だけど「ツボ」を抑えている




 「誰がこの星の真の支配者か教えてやらねばなるまい」


またとてつもない背景が隠されてそうなセリフです


「ただし命は確実に奪え」



「惨殺だ!」




5人のオメガ星人はちょうどそこに存在する
5つのリングに降り立ちます



「さあどうする?」とカナディアンマン

「相手の情報が無い以上相性も何もねえだろう」



まるで相性の悪い相手以外にはめったに負けないような物言い



「となるとやはり最初に止めた相手と勝負だーっ」



 ここで期待を裏切らないのもツボを押さえた漫画の描き方ですね


と、いうわけでティーパックマンは氷の超人
ヘイルマンと




ヘイルは「霰、雹」の意味を持つ
やはり見た目通り氷属性の超人みたいですね



ただ「ヘイル」をぐぐったさい
「ライトニング」という不吉な単語も目に入ってしまったので
うかつには面白い試合として期待してはいけませんね


おそらくあっちの彼とはなんの関係も無いでしょうけど




「オレを縛り付けやがった貴様がこのヘイルマンの相手か」


「だが二度とは喰らわねーぜ!」


別にティーパックが腕に巻き付くくらいどうって事ない気がしますが
やはり「氷」だから熱に弱いのでしょうか



「いいや、食らわせてやるぜ!」とマッシブなティーパックマンのたたずまいですが



ティーパックに固執するんじゃなくて関節技や落下技使えよ


と思わず突っ込んでしまいそうな肉体です




 テントウムシ超人の前にはカレクックが
「このマリキータマンの硬い羽で次に切り殺されたいのはお前か?」



マリキ〇ンタマン!?


どこぞのアフリカ代表と聞き間違えそうな名前ですね



マリキータとはスペイン語で「てんとうむし」の意味
この名前をググった時も「マリポッサ」(蝶)という
見慣れた単語が目に入りました



まさかゆで先生、ワザと既存超人と近いところから名前を持って来ている?



 「私はかつて世界屈指の残虐超人と呼ばれたカレクック」


「残虐超人」が単純な悪党と設定が変わった「二世」などで
やたら頻繁にカレクックのイメージが使われていましたね



彼はキン肉マンとの負け試合、ロビン、ウォーズからタイトル奪取された試合
(追記:四次元殺法コンビに、の間違いです)
が目立ってしまいますが本来

ブロッケンマンとラーメンマンに比肩する超危険残虐超人
だったわけです


ラーメンマンは最前線でいわずもがな
ブロッケンマンもラーメンマンから「最大の難敵」と評価を得ています


初期三大残虐超人の中キン肉マンと当たってしまったため
敗退せざるを得なかったカレクック


ここで彼本来の「残虐超人ファイト」を見ることが出来るのか



 ベンキマンが降り立ったのはギア超人
その名も「ギアマスター」



なんて直球なネーミングなんだ・・・




まあベンキマンも大概ですが


敵にこういう適当な名前を付けられてるとよもや
「ベンキマンの勝ちフラグか!?」

と身構えてしまいます




「フッ・・・なめるのは私の便器の水だけにしてもらいたいものだ」


「いやもっとさきの」


「流された先の糞尿の味かな?」




まったくウマイこといえてませんよなんですかこのセリフ




もっと「ひねり」を効かせた「クッサイ」台詞でも良かったのよ?


しかも内容も小学生の考える下ネタではなく
軽くスカ嗜好の人が喜びそうな言い回しで少し嫌悪を感じる程度に



「エラード(ソフトクリーム)マンと呼ばれた時期もあるがこの頭のオブジェはウンチだ!」

「なめてかかると苦い目みるぜーっ!!」




これで良かった気がするんですが




 一番の注目試合カナディアンマンと闘うのはパイレートマン


これも直球ネーミングですね
「海賊マン」という事です


尾田先生はモロ被りした悪魔超人パンダマンじゃなくてこういう
自分の作品のテーマがモチーフの無難な超人を応募するべきじゃないんですかね?
(4回目くらいの指摘)


あ、そうするとニンジャの作者はNARUTOの作者
サイコマン(グリムリパー)の作者はBLEACHの作者にならないとつじつまが合わないか

ゴクウマンを送ってくる鳥山明先生という図も思いついた

ルピーンを送ってくるモンキーパンチ

五分刈(赤岩)を送ってくる秋本治




無限に考えつきそう



その発想で行くと先々週やられたサッカーボール超人は
実は高橋陽一考案でジャンプ時代からのライバルへの宣戦布告として惨殺した!?



妄想はこのくらいにして本編に戻ります





 「ほうこのパイレートマンに見劣りせぬ体躯の持ち主だなァ」


ここでパイレートマンの目元がアップになるわけですが
改めてカメラを近づけてみるとそこまでロビンに似てませんでしたね


パイレートマン=ロビンの線は薄そう?


ロビンソー・クルーソーという海賊冒険物語があるんですが
海賊が割れてロビンが出てくる展開は深読みしすぎですかね



「力自慢なら負けるか―っ!」
とパイレートマンと手四つになるカナディ



相手がオメガマン弟と同じ8600万パワーラインを備えていたら
100万のカナディはまず「力」では勝てないんですけどね


ますます「超人強度」ってなんだっけ?
とこんがらがってきそうです



「見てろよスペシャルマン、ここで必ず俺は勝って一旗カナダの国旗を揚げて見せるー!!」



カナダの超人は彼を除いてもロクなのがいませんからね


このエントリー国にはあのビッグボディもいますが
二人とも今までの活躍だけで見れば「力だけの見掛け倒し枠」

なぜカナダはこういうイメージで描いているのか



ここでカナディアンマンにカナダ超人の代表として意地を見せて欲しい物



 最後はウルフマンVS狼超人ルナイト
予想通り狼対決になってきました

これはググっても元ネタがわかりませんでした

単純に狼男からルナ=月ナイト=夜という連想でしょうか


彼が「月」としての役割を名に冠しているのなら
「狼男」の直訳であるウルフマンの野生を引き出して
負けてしまいそうなフラグなんですがそれは大丈夫なんですかね




「その名俺様とお前どちらにふさわしいか!」


なんかスカーフェイスみたいな事言い出しましたよこの子



しかしウルフマンは「狼は群れなどしない!」と張り手を返します



善戦?する正義超人2軍メンバー

そこに「委員長~」とマヌケな声が通信で割込みます



モニターに映し出されたのは・・・
新宿駅から買い物帰り?のキン肉マン!?





 総評・・・92点


不意打ちでティーパックマンたちが現れた前回と違って今回は
クールダウンを余儀なくされる内容


敵の名前もわかってここから
劣勢試合、優勢試合を分けて描いていくつもりでしょうか



実力差的には全員敗北でも不思議じゃないんですけどね



 そしてキン肉マン



新宿駅はキン肉ハウスのある田園調布から離れており
仮にミートからお使いを頼まれたとしてもここでキン肉マンが
食材を抱えているのはおかしい

考えられる可能性は・・・


わざわざ新連載一回目で看病話を描いた事から考えると・・・

オメガの六鎗客、もしくはサタンが地球に来た際時空がゆがんで
ミートが風邪をひいた時のキン肉マンと入れ替わった!


んなアホな!



つまりキン肉マンはこれからミートに牛丼を作りに家に帰る途中だったのだ!


・・・まあこれは無いでしょう



抱えている荷物から牛丼の材料では無し
なにやらおもちゃや楽器類も混じってるし



ミートがらみで考えるとしたら
誕生日を祝うサプライズパーティ?




身体は小さいけど今のミートは16~下手したら20超えている可能性もあるんですが
その紙袋の中のパンダのぬいぐるみ等で喜ぶんでしょうか



いや、これも予測にすぎんか


わからんわ、とりあえず言えることは要っておいて損はないでしょう


予想はもれなく全部ハズレだと思いますが



 冷静に考えてこんな格好で子連れで新宿駅にいたら事案
だからすごい






フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)

Author:八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。