現行キン肉マン 209話:新たなる潮流!感想 レビュー その2

 「あれはボクが王子と出会って間もないころでした」

回想のミートは風邪をひいて寝込んでいる模様

普通に考えれば異星人であるミートだから地球のウィルスに
免疫を持っていないって事は至極同然なんですけどね


元々地球で育ったキン肉マンや頻繁に地球に来ている委員長は例外だとしても

でも真弓が地球の超人オリンピックで優勝した経験もある事を鑑みれば
違う星に降り立つ際には予防接種を受ける義務があったかもしれません


ミートは予防接種を受けなかったのか?


受けて無いでしょうねいくら頭が良くても子供ですから



注射器が怖いお年頃だったんでしょう




メガネのまま病床につくミート
まあ外すと誰だかわからなくなるからね、仕方ないね



 ふとミートは何かの匂いに釣られて横を見やると
そこには不格好ながら牛丼らしきものが置かれていました


空腹のミートは一口それを含みますが



「まずっ!!」


そして現れるエプロン姿のキン肉マン


裸エプロン・・・!?
しかもハートマーク・・・!?



こういうあからさまな「新婚夫婦か!」
みたいなネタはかえってあっち系の女子にウケが悪そう
(それを何女子と呼ぶかは断言しない)



どうやらこの牛丼・・・下手なりにキン肉マンが
自分で調理したもの・・・らしい


しかしスグルは「買ってきたからそれ食べて栄養付けなさい」
と照れ隠しなのか嘘をつきます


牛丼は手作りでも商品でもそこまで原価が変わらないのですが
自分だけ食べるならまだしも病人に食べさせるモノですから
手作りで誠意を込めてやりたいってのがキン肉マンの心情でしょうか


病人に食べさせるチョイスでは無いですが
そこはキン肉マンの気持ちを汲みましょう


包丁でズタズタになったであろう思わしき指を見て
「王子・・・その指」
と牛丼が調理されたものである事を察するミート


しかしキン肉マンは恩を売ろうとせず
「買ってきたんだって」の一点張り



その気持ちに感動したミートはまずいのも目をくれず
牛丼を食べつくします


ワンピースのチョッパーのエピソードを思い出しましたよ





究極の超人タッグ編でミートを勘当した人間と同一人物とは思えんな



キン肉マンの「優しさ」
(おそらく自分がダメ超人と蔑まれた故身についた他人に優しく接するのび太的思考)

がにじみ出たエピソードでありますが
これってスポンサー的にどうなんでしょうね


今後またキン肉マンが子供向け時間帯でアニメ化するぞって流れになった時
「キン肉マンの手作り牛丼の素」的なレトルト商品を売り出せなくなっちゃうと思うんですが



「王子のそういうさりげない優しさが好きなんです」
で締めるミート


それを聞いてノックも
「(キン肉マンの下を離れる気が無いのは)よくわかりましたよミートくん」と納得


 事後処理は全て終了し下山する一同

「委員長、このぐらいでよろしいでしょうかー?」
と手を振っているモブキン肉族?ハラボテ族?のパースがおかしくないっすかね?

あの対比だとやたらと小さく、委員長がやたらとでかい体格差になっているような




そして訪れる「新たな敵」の伏線
エアーズロックに落雷した場所から出現するフードの男・・・


彼は山頂に埋めてあった武道の竹刀をへし折り
いかにも新シリーズ最終ボスのような出で立ちのまま次週へと「引き」ます



 総評:87点


まだまだ面白いかどうか判定不可能ともいえる導入部分
ミートの回想シーンが取り上げられたりした時点で
なにかしらの重要な役割をミートが担うのか

ゆでたまごのことだから意味深に中野さんのカツラが
転がるシーンみたいに導入部分のこのやりとりも
「実はなんの伏線でもありませんでした」にするのか


ここで新キャラ予想を立ててみる


 数少ない情報から予測できるのは
「雷」とともにやってきたのでマグネットパワー関係者?
武道の竹刀をへし折ったので武道関係者?

=ネプチューンキング!?


というのは深読みですので
「落雷」はまあありがちな演出としてマグネットパワーは関係ないとしても
武道(ザ・マン)の関係者はあり得そうですが


天上界の残りの神々?
神話は前回のシリーズで取り上げたので今回は違うアプローチが欲しいのですが



「アタルが今回出てくる」と言っていたので
アタルの関係者?


アタルが家出して放浪していたときにのした不良とかじゃないですよね

リベンジのためにまずは弟であるスグルをシメるために地球にやってきたとか

竹刀をへし折ったのも武道の関係者であるからではなく
不良生徒特有の握力自慢だったり


あっ・・・握力・・・


「雷」「握力」「武道の関係者」・・・

サイコマン!?




もしくはネプチューンキング以外のサイコマンの弟子!?



まあ



嶋田先生が何も思いつかなかった可能性もあるんですけどね



来週には何もかも忘れて唐突に爽やかな
超人オリンピック編になっていても不思議じゃないし


ゆでたまご先生の事だから一話目から予想を立てるだけ無駄無駄

完璧超人始祖編だって作画担当の中井先生の「もう一度武道を描きたい」という
要望に応えるためだけに空から武道が降ってくる引きで
来週の事は何も考えて無かった可能性だってあったわけだし







キン肉マン感想、考察関係もくじ

現行キン肉マン 209話:新たなる潮流!感想 レビュー

 始まりました!新シリーズ!!

長かった・・・一か月あまりがあまりにも長く感じたぞこんちくしょう



舞台は悪魔将軍とストロング・ザ・武道が死闘を繰り広げた
オーストラリアエアーズロック(ウルル)


結局「ウルル」の語源が「グロロ」だとするミートの説は
それきりで一度も深く話を広げませんでしたね



会場の後片付けをする超人委員会達
その中にはミートもいました


「しかしミートよ何もお前まで手伝ってくれんでも」



前回のシリーズでミートがセコンドらしい活躍をしたのは
テリーVSラジアルとスグルVSピークア・ブー
スグルVSネメシス
(テリーとウォーズもセコンドしていたのでミートのセリフは少ない)

の3試合のみ


いささか影が薄い感じがしたので
今回のシリーズではミートに焦点を当てていくのでしょうか



「キン肉マンたち超人レスラーは我々が帰した
みんな満身創痍一刻も早く休んでほしいからな」


メディカルサスペンションの施設はまだ残っているのでしょうかね

不測の事態が起きたとき超人たちが動けないままだった今回で懲りて
自然療法に戻すのでしょうか




 キン肉マンと一緒に戻らず「こういう時だけでも役に立ちたい」
とするミートに「キン肉マンは幸せ者じゃ」と感嘆する委員長


陰となってフォローしてくれたから大王になれた



王位争奪編においては「陰」どころじゃなかったけどね
あの小さい体を押して試合にまで駆り出されたし
その度に大けがをおってるし


ミートの実の父シュラスコ族の長老ミンチが
あの大会を見てたらもうそれこそメンチ切って
大王に直談判してでも止めたと思う(要審議)


恐らくあの時はまだ「二世」におけるシュラスコ族の設定が
定まってなくてキン肉族の少年のつもりでミートを描いていたので

あの試合を通してミートが超人レスラーとして覚醒する未来もあり得たかもしれない

関連記事:キン肉マン 考察コラムその3


「この間だって王子がいなければ武道は悪魔将軍に殺されて
将軍も後を追っていた」


この流れ・・・もしかして総集編、回想で一話使うつもりか!?


それに対してハラボテ
「うむ、たまにああいうとんでもない役割を果たしよる
だから私も憎めんのだ」



「昔はどうしようもなかったドラ息子をな」




後にあなたの息子は弱虫だった頃のキン肉マン以上の
ドラ息子に育つわけですが



「二世」の舞台は王位争奪編より28年後
「完璧超人始祖編」は一年半後


ハラボテの息子イケメン・マッスルは「二世」では35歳
つまりこの頃は8~9歳


まだまだ未来がある幼子なのかな


そろそろ自分の息子かドラかどうか判別できる歳でもありそうですが



「超人オリンピックで優勝してから変わっていった」と話すミート

個人的には優勝では無くラーメンマンの血の涙を見たときから
キン肉マンは変わり始めたと思いますけどね




続く悪魔超人編の回想でバラバラにされるミートのシーンのリメイク

うまく4文字目が隠れていますが当時Tシャツの「MEAT」の文字が
「MEAE」と書かれていたんですよね


後の重版で修正することもしなかった「MEAE」
(何年も二人目のジェロニモやミートの額の「ママ」が
修正されなかったところから察するにあえてそうした?)


このリメイクシーンで4文字目をわざわざ隠したのはコアなファンに
「あれ?あの時たしかミートのTシャツの文字はMEATじゃなくてMEAEでしたよね?」
と揚げ足を取られるのを恐れたためか




 あの件で助けられて以来キン肉マンは自分のヒーローとなったと語るミート

状況もつかめずに「おはようございま~す」と呑気に寝ぼけていた口で何を言っているのだと


個人的にはミートがバラバラになったことで本人には聞かせてやれなかった
スグルのセリフ「ミートは私にとって弟だ!」を大音量で連続再生したい


それを聞いて照れるミートと慌てるスグルで
あっち系の女子が何杯もごはんをおかわりしてそう
(それを何女子と呼ぶかは明言しない)




「超人レスラーとして最大のターニングポイントに
なったのはそのバッファローマン戦でしょうね」



これは意見が分かれる見解だと思いますね
私はウォーズマン戦だとおもうしロビン戦だという人もいるだろうし



「キン肉マンに助けられたことが重荷になって
他の超人のセコンドの依頼を断りづらかったのでは?」と尋ねるノック


「他の高名な超人からのスカウトの話は数知れずあったのでは?」



キン肉マンの身内以外で彼ら以上に「高名」な超人ってなんなんでしょうね


あくまでキン肉マンたちがレスリングしている舞台は
地球というほんの一部の星であって宇宙には
まだまだ知らない強豪超人がいるという事でしょうか



 ここでノックの口から「シュラスコ族」という言葉が出たことにより
旧作キン肉マンでミートが見せたKINマーク=キン肉族の設定も
なかった事になりました


ミートが旧マッスル・リターンズで見せたキモイ成長も無かったことになり
ミートは「知能はすごいが成長しても小さいまま」のシュラスコ族になった事により
そのアイディンティティを不動の物にしました



「自分のセコンド能力を独立して試してみたいと思ったことはある」

「無名の超人を王子に勝てるような一流超人まで育てるという構想もある」
と語るミート


カナスペをそのレベルに育てることは可能ですか?


それでもミートがキン肉マンのセコンドを続ける理由が



「超人レスラーとしてというより人として王子が大好きなんです!」



泣けてきますね

本当に万太郎の代までセコンドさせるのがもったいないくらいに

ずっとスグルの傍においてやれと思ってしまいます



ちょっと今回は2分割にします







キン肉マン感想、考察関係もくじ

現行キン肉マン 再開前企画 「働け!!ゆでたまご」第2話 感想 レビュー

 今度はキン肉マンとネメシスでは無く
ウォーズマン(嶋田先生)とロビンマスク(中井先生)が代役です


「今回は」漫才形式で打ち合わせ?



「今回は」ってなんだよ前回が漫才じゃなくてなんだよ



ツッコミ忘れていましたがトップページの
二人のポーズは「キン肉マン二世」究極の超人タッグ編終盤で
扉絵を飾った「タッグ名鑑」での超人師弟コンビのポージングです


SHフィギュアーツのサンプル写真にもこのポーズが存在しますが
その写真の使いまわしではなくまた新たにポーズを取らせて
写真におさめた模様


「いやぁ今回も次のシリーズの話をしていこうかな」


「先週大した話してないやん」


すると「コーホー」でごまかす嶋田先生(ウォーズマン)




 「話をするときはまずキャラになりきらんとこの顔なら無口やな」


しゃべれるようになってからのウォーズマンは割とおしゃべりな方だと思うが



「ゆではウォーズマンの事なんにもわかってないってまたファンから怒られるわ」

「原作者なのにわかってないって言われるねんで」




王位争奪編での「ウギャー!キン肉マーン!!」の事ですかね?



「新シリーズの話はちゃんとしてもらうで」

「コーホー」


「またごまかすつもりか!?」

「今のコーホーはですね
「すごい展開考えてきたのに今日はコーホーしかしゃべられへん残念やなあ」のコーホーです」




これは何も考えてませんね



「ほとんどクイズやないか!!」


そうツッコミをいれる中井先生のロビンがバラクーダヘッドに代わっています


「怒ったらバラクーダになるのやめてくれる!?」
「勝手に変わったんや!僕もビックリしたわ!」


これは寸劇に見せかけた販促活動?
フィギュアーツロビンマスク を買えばバラクーダヘッドも付いてくるよ!」
というアピールも兼ねてるのでしょうか


クイズに味を占めた嶋田先生(ウォーズマン)
次もクイズで乗り切ろうと

「新シリーズではどんな敵がキン肉マンに立ちふさがるでしょう」

という問いかけをぶん投げます



「正解者には海外旅行券ですよ!」


分かるわけないんだよなあ



なぜなら出題者本人がまだ何も決めてないから





それを感じ取った中井先生(ロビン)
嶋田先生(ウォーズ)を追いかけまわします



 「うお~スクリュードライバー!!」

「それやったら僕も負けへん!絞り出すんや相棒!これは愛やで!」
とタワーブリッジで応戦するロビン中井



「中井君腰はあかんて!
ジャンプ時代ヘルニアで3か月休載したんを忘れたんかーっ!」


ゼブラ戦での懐かしいハプニングですね


キン肉マンがゼブラのパンチを足でゼブラ本人の顔に返すシーン
でヘルニアが発症、んでもってそのまま3か月休載

キン肉マンはそのまま3か月固まり
タッグパートナーのロビンはハンモックをひっかけ(どこに?)
熟睡(しかもマスクを外してる)




個人的には絵を描く方じゃなくて「原作」のほうの
作家が入院くらいで休載する必要はあるのか?と思いますが


口頭で絵を描く方に「こういう感じで」じゃダメなんですかね
それもと嶋田先生はバッチリネームを書いて手渡すタイプの原作者なのか



「しゃあないなあホンマはあんまり言いたないねんけど」


ホンマに考えとるんやろうな!



「新シリーズではこの人を出そうかと思ってます」

現れたフィギュアはキン肉マンソルジャーアタル

「なんやこれ?先週出てきた担当編集やないか」



先週から見ている人には担当編集にしか見えないですが
嶋田ウォーズ曰く

「ちゃうてこれはキン肉マンソルジャーことキン肉アタル」


と「実際の姿」で話を進めていきます



裏の裏をかいて
担当編集でもキン肉アタルでもなく


ソルジャーマンの方だったりしませんよね?





「前回投票一位やのに歯切れ悪いな」と
アタルを出ることを渋っている嶋田ウォーズに中井ロビン


「人気だからこそちゃんとした理由や役割を持たせたうえでだしたい」
とする嶋田先生




この考え方は素敵です


完璧超人始祖編でいえば
悪魔将軍が該当するのでしょうか


「人気キャラだからこそ格を落とさないように書くのが大変だった」と
後々語っています


間違えても
パゴァパゴァと奇声を上げながら正義超人が勝ったのに
ルールを捻じ曲げてミートのボディを奪おうとするそんな小物にしてはいけない



「それやったらどっちでもええんちゃう?僕は相棒の原作のままに絵を描くだけや」
と嶋田先生の肩の力を抜こうとする中井先生は流石です


総括すると
「行き当たりばったりで展開を決める
アタル兄さんもゆくゆくは登場させるつもりだが
先の展開によっては出ない場合もある」という



いつものゆでか


と安心できるオチで寸劇が終了いたしました




 総評:92点


個人的に嶋田先生はウォーズマンというよりやっぱりスグルの方が
合ってた感じがする

それ以外は良かったしソルジャーが出るという事で
期待が高まりそうです



前回のシリーズで活躍した人は自重して頂いて
(主役のキン肉マンは例外)
2つ前のシリーズで目立ってた人が今回復活する
またはひとつ前のシリーズで出番が少なかった人は活躍する

という法則に則ると


他に活躍が期待できそうな超人はアタルの他に
(悪魔超人たちは前回目立ちすぎたから今回はお休みかな)

ウォーズマン(一戦しかしてない)、ロビンマスク(死亡しているがはたして)
ネプチューンマン(再び完璧側に蔵替わりした?)

この法則に当てはまらない
完璧超人枠の再登場であり得そうなのは
ジャスティスマンとネメシスですが今回出番がかなりあったので果たして


ネメシスとスグルがタッグで新しい敵に立ち向かう展開があれば
かなり熱いと思いますが


サタン編や第3回(22回)超人オリンピック編を予想していた人は
予想が外れるストーリーになりそうですが


敢えて今回使ったフィギュアとは別の配色の物を載せておく





 キン肉マン感想、考察関係もくじ

現行キン肉マン 再開前企画 「働け!!ゆでたまご」感想 レビュー

 前回のスペシャル、カナディ、プリプリの漫画は微妙でしたが
今回の企画は面白かったので感想、レビューをさせていただきます


ゆでたまごのシナリオ担当、島田隆司をキン肉マン
作画担当中井義則をネメシスのフィギュアーツで代役して
二人の打ち合わせ風景を再現したモノ、らしい


もうこの時点で色々面白いんですが


嶋田先生の紹介文に
「働かないほうのゆでと揶揄されているが」と
ネット民の反応を知っている煽りも面白い



90年代の女性作家ではわりとありがちな企画でしたけど
(おまけページや後書きで自分のキャラを実在の人物の代役にして話を展開していく)



関西人らしいやりとりがめちゃくちゃ面白かった



 冒頭、椅子に腰をかけるスグル(島田先生)とネメシス(中井先生)
首からぶら下げたダンボールの名札がもう面白い



「とうとう武道と将軍の試合も終わってもうたな~中井くん」

「あんな試合よう描き切ったもんやで」

導入がすでに漫才っぽい



「ほんま大変やったでローズデンライトパワーとか
ロンズデーライトパワーとか後はロンズデーライトパワーとかな」


「あれ、今3回言うた?」


「聞き間違いやろ、相棒も疲れとるんや
僕もロンズデーライトパワーでグッタリよ」




「そうか聞き間違いか~僕ら疲れとるんやね」



「・・・って4回言うたやん!聞き間違いちゃうやん!」




漫才の教科書か!!



んまあでも関西の人たちは結構
普通に会話させても打ち合わせありの漫才みたいなやり取りに
なる人も多いですけどね
(もちろんおとなしい人もいるので偏見は禁物)



「わかった!正直に言うわ!アレめっちゃきつかったわ!」


ここで中井先生代役のネメシスの口元がシャキィ
(キン肉族戦闘スタイル)するのが面白すぎる



「アレは作画殺しの奥義やで!どんだけトーン重ね貼りしても終わらんし!」



確かにダイヤモンド・パワーの時もそうですが
中井先生の作画は旧作と違ってトーンもばっちり使うんですよね


ただ旧作の表現の仕方の方が好きなのでローズデンライトパワーともども
「トーンにあまり頼らない作画」(それはそれで大変だと思うけど)
で見たかったというのが本音ですけど




「それは・・・」



「トーン売れて画材屋さん大儲けやな」




矛先をなんとかごまかそうとする嶋田先生=キン肉マンが良い味出しすぎ
配役が逆だったらこうはいかなかったろうに



「そしてスタジオ・エッグは連日泊まり込みでしたよコンチクショー!!」



60近い年齢の作家に徹夜させないであげてー!!




 「とは言え全体的にはほんま楽しいシリーズやったよ
それもこれも相棒がええ原作書いてくれたおかげやな」


「いやいや僕の原作は中井君の絵があってこそよ」

「いやいやこちらこそって・・・
38年もやってて今更いう事でもないけどな」



ここらへんが熟年コンビっぽいやりとりですよね
キチンと言いたいことは言うし衝突するけど
お互い尊敬しあってまとまるときはきちんとまとまる



「新シリーズ、ちゃんと考えとるんやろうな?」

「うん、まあそれは・・・」


「あれ?今口ごもった?ホンマ大丈夫やろうな?」




二人の作品を見てもらえればわかるように
一週一週がほんまに行き当たりばったりだったんすね


逆に言えばそれは「一回一回ですべてを出し切っている」っていう
長所でもあり得るんですけど



「まず敵のキャラクターから考えていかんとな」

「え・・・?もしかして今から考えるの?ウソやんな」


「どこかに武道みたいなスゴイ敵落ちとらんかな~」



「うわぁ出たよノープラン!!これ2週間後に始められんの!?」



漫才の教科書か!!



「出たよノープラン!!」ってツッコミ慣れてる中井先生の苦労がうかがえますけどね


やはりいつも行き当たりばったりを繰り返してきたんだな~って
読解できる




 「いい加減にしてください!!」

二人の間に割り込むキン肉マンソルジャー(アタル)



「名札をつけ忘れましたが、集英社からやってきた担当編集です!」


直前の中井先生の「アンタ誰や!?」のツッコミから見るに
この空間ではきちんと「ダンボール名札」を掲げてないと
その人物の代役として機能しないみたいです

(担当編集だったら顔知ってるだろという意味で
まあ代役のフィギュアは全員マスクマンですけど)



ともかくアタル=担当編集の代役として
新しく話に関わってくるみたいです


「打ち合わせの進捗(しんちょくと読むらしい)具合を聞かせていただきたい」


「モチロン、ええ・・・それはですね」



野々村議員か!




「最近僕飲まなしゃべられへんねん、まず飲もうよ」


「相棒酒でごまかしに来てるよこれ!!」



「一気にいくよ~アイデア出ろ~!!」


「え、ちょっとまってください「アイディア出ろ」って・・・
先生まだノープランなんですか、ねえ!?」



担当編集も苦労人だなあ



そしてパイプ椅子(フィギュアーツキン肉マンソルジャーに付属)
を振り上げて「ちゃんと仕事してください!!」とキレる担当


「僕だって尊敬する先生にこんな事したくない」


今の「キン肉マン」の担当編集が旧作の直撃世代の子供が
そのまま成長して入社してきた編集である事は
周知の事実ですね


所謂「ファン目線」できっちり嶋田先生のアイディアをサポートしてくれる
有能編集です


初代「キン肉マン」の連載を再開させようと持ち出してきたのも彼だとか




「来週までには考えるから~!!」


漫画家か!!




いや、漫画家なんだろうけど、ゆでたまごだけじゃなくて
他の作家もこればっかやないくつ年を重ねても

って思ってしまいました



漫画家は死ぬまで漫画家って事ですね

手塚治虫はあっちの世界でも締め切りに追われてそうですけど


ともあれ寸劇は終了



「実在の人物・団体とは一切関係ありません(たぶん)」
も締めとして面白すぎます



「ああ、これってほぼノンフィクションなんやな」って
読者が察するには十分な内容でした



 総評:100点


「なんで本編最終回より高評価やねん!!」ってツッコミが来ると思いますが
不意打ちで面白い企画が飛び込んできたのでそれも踏まえてこの点数です




有能担当編集の代役アタルと同じくスグル(嶋田先生)にとっての「救世主」となり得た・・・と思う↓


 キン肉マン感想、考察関係もくじ
 
プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
詳細タグ

キン肉マン感想 エロマンガ先生感想 キン肉マン考察 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR