エロマンガ先生第6話:和泉マサムネと一千万部の宿敵 感想(前半)

  「キモヲタ小説を読もうと思ってるんです!」
地雷を容赦なく踏み抜くめぐみ

温厚な智恵も眉をひそめます
「ライトノベルコーナーの主に向かってキモヲタ小説と申したか」

「いい度胸じゃおるぁあああああ!」
「戦闘民族足立区民の力を見せてやる!」


キバをむき出してめぐみに殴り掛かる勢いの智恵を正宗が制止します


個人的にはこんなコメディリリーフな怒りの表情より
紗霧の「そ・こ・に・す・わっ・て!」の時のあの顔みたいなのが良かったかな



「戦闘民族~」の下りは同じ声優のミカサ・アッカーマンネタかなとちょっと勘ぐってみたり


 なんとか智恵を食い止める事に成功した正宗
はだけた肩がセクシー・・・エロイっ


「(一部の人が激怒するから)挿絵付きの小説をキモヲタ小説と呼ぶのはやめろ」

「呼ぶならライトノベルが無難かな」


世に出ているライトノベルと呼ばれる文庫は明確に「ライトノベル」とは記載されてないんですよね
この作品で言えば原作は「電撃文庫」というレーベルですし



非常に線引きがあいまいな世界ですが「ライトノベル」というジャンルで
ランキングが発生するのでこういう小説はライトノベルと呼ぶべきでしょう



 ミカサ・・・では無く智恵が思いついた先ほどの暴言に対する制裁は
「面白い作品(未完結)をたくさん買わせてドハマリさせる」



「また明日ね」

続きが気になって明日また買いに来ることを予告しているのでしょうか



ここで智恵の制裁は終わりですが正直もっと絡んで欲しかったかな
もっと過激な調教シーンを期待していました

「ラノベが無いと生きていけない身体にしてやる」くらいのセリフが
このアニメは飛び出すと思ってたのに




 数日後?正宗に電話を入れるめぐみ
「どれもこれも続きが気になって仕方がない」


めぐみんはすっかりラノベにのめりこんでしまいました

この展開に文句があるわけでは無いんですが
この作品の原作が「ライトノベル」であるが故なのか


「なぜめぐみがラノベにはまったのか」という課程を
「言わなくてもお前らならわかるだろ?」と言わんばかりにすっぱ抜けてるんですよね



私みたいに本中心からアニメ中心の生活に変わった人間のために
「ラノベならではの面白さ」を伝える描写があっても良かった気がする


めぐみの悶々とした気持ちは
「ラノベの良さ」ではなく「面白い作品の良さ」に依るものになっちゃってますし




 さらに「お兄さんも作家なら早く続き書けって言ってくださいよ」と無茶振るめぐみ

「冨樫仕事しろ」を他の漫画家が伝えた事例なんて存在しないんですが



「その症状を抑えるには他の作品もチェックするしかない
→紗霧に借りれば親交できるぞ」と根回しする正宗



 マサムネは自身の完結作「転生の銀狼」の感想を求めます
「微妙でしたけど♪」きっぱり答えるめぐみと落胆するマサムネ


これをかわいそうと取るか「正直な感想が返ってくる環境はありがたい」と捉えるかは
人それぞれですけどね


私はマサムネに自己投影した場合めぐみはいい読者だと思いました
具体的に「どこが」「どうだから」「つまらない」という感想に至ったか
それを聞ければ次回作に繋がるし



早速次の日に紗霧に会う約束を取り付けためぐみ
その旨を妹に伝える正宗


扉を開けたエロマンガ先生の開口が
「可愛くておっぱい大きくてぱんつ見せてくれる子見つかった!?」



エロマンガ先生のスイッチが入った時の紗霧はペンネーム通り本能に忠実に生きてますね


ところでこの「おっぱい」枠・・・智恵は結局モデルの話を完全に断ったのでしょうか



「めぐみが家に来る」
そう伝えた後の「うゔぇ」が本当にいい表情です


紗霧だけ専属アニメーターが描いているだけあります。今回は
全体的に幼い感じがする作画だったのですが安定してました



「本を貸すくらいはいいんじゃないか」
正宗は「マリアさまがみてる」「パラソルをさして」だけを抜いて貸すとか



「なんで兄さんはそんな恐ろしい事を考え付くの!?」

「マリみて」も読んだことが無いのですがドラゴンボールで喩えると
超サイヤ人覚醒の27巻を飛ばして貸すのと同意義でしょうか

と、思ったら喩え先が有名すぎて「巻数飛ばされてもなんとなく知られている」レベルでした

キン肉マンで喩えるなら・・・
7人の悪魔超人編で正義超人がほぼ全滅する巻を抜くなら近いかな?





 「本は貸してもいいけど条件がある」

絵のモデル(正確には新作のキャラのモデル)としてなら会ってもいい


ここでめぐみが「読者モデルもやったことあるんですよー」と自慢話

俺妹と同一の世界なら桐乃やあやせと接点が有ったりするかも?



 そして目隠しと手縄で紗霧と会う事になるめぐみ
扉が開いてメルルのお面をつけたエロマンガ先生登場


このメルルのお面がドナルド(道化師の方)のそれみたいで
かなり不気味です



めぐみが美少女とわかるや駆け寄って手を握ります

こうして並んで立たせると紗霧はそんなに小さくないんですね

めぐみと同じくらいの身長でした




そして部屋に引きずり込まれるめぐみ

四方八方から眺められてデッサンされます



 私も所持しているのですがエロマンガ先生は間違いなく
カスタムメイド3D2 」というゲームにはまるタイプでしょう


HTC VIVE 」または「Oculus rift 」というヘッドセットがあれば
VR空間でまさしく今回めぐみんにしたように動き回りながらモデルを観察できますし


 そしてエロマンガ先生に舐めるように見られて恥じらうめぐみ
その様子に異議を唱える正宗

「さてはお前、ファッションビッチだな!」


それに対し反論するめぐみ「ちんちんだって見たことある!」

「見たことある」なんですよね。具体的に〇〇したとかじゃなくて


色々カオスな空間でエロマンガ先生はめぐみのぱんつを脱がせます





「可愛い縞パン」




「いかにも」アニメの女の子が履きそうな縞パンですが
こんなものが一般販売されているのでしょうか


そしてなぜそれを選んだめぐみ





流石のめぐみも「弟にも見られたことが無いのに」と泣き叫んでしまいます


この「弟にも見られたこともない」ので結局めぐみは
「男性経験0」という事が露呈してしまいます


んまぁ中1なら普通なんだけど




「ちんちん見た」話もおそらく弟のモノでしょうね



Aパート全部の感想を書くつもりだったけど長くなりそうなんで
ここで区切ります





続く



         

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア