エロマンガ先生第7話:妹と世界で一番面白い小説 感想 レビュー (前編)

 !?!

一週目に抱いた感想がこれ



・・・?

二週目


・・・
三週目



 一気に駆け抜けていった感じでちょっと感情移入の下地に欠ける回でもありました
第4話で感じていた「伏見先生がシリアスやるとつまらなくなる」を裏付けてしまった?

やはり起承転結の「結」が全然ゆる結じゃねえかよ!ってな感じで
(これは漫画家のセリフですが)ふわふわしているというか
キャラクターに感情移入できない


伏見つかさ先生が「こういう流れで感動させたいんだろうな」ってのは
伝わってくるけどいかんせん茶番に感じてしまうというか


唯一の癒しはエルフちゃんが終始「お母さん」的な立ち回りをしていた所でしょうか
聞き分けの無い長女(ムラマサ)とその弟(マサムネ)と妹(紗霧)を取り持つ感じ

んまあレビューしていきますけど



 突然現れて突然の「潰す」宣言突然の「先輩呼び」強制
突然のラノベ天下一武闘会の飛び入り参加
その着物の少女の正体は千寿ムラマサその人でした


ここで「ムラマサ」と名乗っているにも関わらずエルフが
「私は200万部の超売れっ子敬いなさい」と堂々としているのが違和感

散々「千寿ムラマサの作品の売り上げはどれくらいになるでしょうね」
と興味津々だったくせに


「ムラマサ先生の累計発行部数は1450万部です」神楽坂さんが
それを告げるまで知らなかったのかと


ともかく自分で言いだした「100万部以上差があるなら何を言ってもいい」
のルールにのっとってそっと退いてしまうエルフが可愛い


 「君の作品の出版が一年遅れたのは私が意図的に出版枠を奪ったからだ」
「神楽坂さんを通じて動向は把握していた」

目を背けて口笛を吹く神楽坂さんが可愛い


「どうしてそこまで俺を目の敵にする?」という質問に

「私の夢の邪魔をする君のつまらない夢が嫌い」
と答えにならない答えを答えるムラマサ



どうやら一言では言い表せない理由が存在しそう?(すっとぼけ)


どうせ主人公の事が好きとかそういう理由に関わってくるモノだとおもう

 「ラノベ天下一武闘会で決着をつける勝った方が負けた方に何でも命令できる」

エルフに対して「今何でもするって言ったよね?」っていう模範解答をしたのに
ここではムラマサに「今なんでも命令できるって言ったよね?」とは言わせないんですね


「勝負だムラマサ!」


 通しちゃうの?新人発掘のための企画なのに
(アニメ化作品が一本もないマサムネはギリギリ許容範囲としても)
一千万部作家のムラマサがこの企画に参加していいの!?

しかも「特別参加枠」とかじゃなくて本来の新人5枠のうち一つを潰して
ムラマサの参加は認められちゃうの!?




また漫画界隈で喩えるならジャンプの金未来杯に
ワンピの尾田先生が参加しているようなモンだぞ!?


 ここでOPが挟まるという事はムラマサの参加は通ってしまって
次は場面転換されちゃってますね


案の定OP明けは正宗の家のリビング
マサムネの大きなため息で始まります



「なんであんな啖呵切っちゃったのよ」
ちゃっかり家に上がり込んでるエルフ。そしてこの面倒見の良さはもはやお母さん
マザーエルフ、もしくは山田さんちのお母さんと呼びたい


 最初の頃の印象の「生意気でわがままそうなキャラ」の
面影はどことやら


そしてやはりこのキャラに「全裸崇拝」設定はいらない。活かしきれてない


 ドンドン

 妹の床ドンで部屋に呼び出される正宗

「浮気者・・・」「デートは楽しかった?」

紗霧が見せたスマホの画面はエルフのツイート
「和泉マサムネ先生とでーとなう」


って普通に顔出ししてるー!?

智恵ちゃんの「エロマンガ先生(男)をめぐってムネ君(男)と
エルフ(男)が争うなんてBLの世界だねー」というアノ発言はなんだったのか



 「兄さんは一生女の子とデートしちゃ駄目」
布団からちょっとだけ覗かせてそうつぶやく紗霧が可愛い

「浮気者」とまで言われて正宗は全然気づいてないんですかね


本人はたぶん「お前ともか!?」って落ち込んでるぞー


 場面は変わって落雁をほおばるエルフ
それはエルフの琴線に触れるお菓子なのか

「アイツったら妹の事好き好き言ってる割に妹の事ちっともわかってないんだから」

だからお前は誰のお母さんだと



完全に長男(正宗)とその妹(紗霧)を見守るお母さんと化してるぞ



エルフのその言葉通り元よりエロマンガ先生も
「自分たちの夢」を懸けて勝負にでるつもりらしい



改めて二人で力を合わせていくことを誓うマサムネとエロマンガ先生



 「遅い!いつまで待たせるつもり!?」
そんな二人だけの世界にいたたまれなくなったのか部屋へと乱入するエルフ


もう帰っても差し支えないのに本当に面倒見良すぎるだろ、と
さしずめ今回は彼女と部屋でいちゃついてるときに乱入するお母さんってとこでしょうか



エルフの入室と共に布団にくるまってしまう紗霧
色々世話になったんだしぱんつも見せてもらえたんだからいい加減
心を開いてやれと

多少兄とお出かけするくらい許してやれと


「負かしてやったらさぞかし悔しがるでしょうね」
「想像しただけでヨダレがでちゃう」の一連の流れの動きと表情が好みすぎる




ふわふわな脚本を随時エルフが癒していく感じ


逆に紗霧はもうちょっとエルフと仲良くしてやれと思ってしまった




続く


↓山田エルフ抱き枕カバーで君もレッツ全裸!





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア