キン肉マン 考察コラム#21 金銀兄弟は仲良し!?

 「完璧超人始祖編」にて詳細が明らかになった
天上兄弟喧嘩の図


それは超人墓場から出奔したゴールドマンが作り上げた勢力を
抑え込む形でシルバーマンも独自勢力を形成

その二大勢力のぶつかり合いの事を指していました



「黄金のマスク編」にて語られた設定では
「元々地上に君臨していた二人の仲の良い兄弟神が
子供の「どっちが強いの」の一言で二つの勢力に分かれて戦争を起こした」


との事で「初めから兄を追いかけて別の勢力を創り出した」事実とは
異なる神話が継承されたわけですが


果たして神話では無い歴史上の事実の中に
「仲が良かった時期の金銀兄弟は存在したのか?」


それを検証していく


 資料1:上記の天上兄弟喧嘩の図


後に神話が捻じ曲がったモノだと解明するが
そもそもこの映像そのものがシルバーマン本人である
銀のマスクが映し出した物


真弓が語りだした神話が全くのデタラメなら
途中でツッコミくらい入れるのでは




「仲が良かった時期があったのも事実」
と考えて話を進めていく



 資料2:キン肉マン「二世」新世代超人入れ替え戦


ヘラクレス・ファクトリーから「ヘラクレスの掌」とともに
「ヘラクレスの足の裏」を取り寄せた時の回想シーン



「ヘラクレスの足裏を造り出した先人たちはふと冷静になり
そのあまりにもかっこ悪さに二度とこのリングを使わない決意をした」(要約)


その「先人たち」の中にゴールドマンとシルバーマン兄弟がいるのだ



冷静に「ヘラクロスの足の裏」を見直して
「無いわー」と顔を赤らめる金銀兄弟


この頃は「若さゆえの過ち」どころか「幼さ」すらあるので
下手をすればカピラリア七光線の大粛清前の出来事という見方もできます




なのでここでは「粛清前」ではなく
「ザ・マンに拾われた後」「超人墓場を出た後の兄弟」に
「仲が良かった時期はあったのか」の根拠足り得る情報だけを考察していきたい



 資料3:最初は説得を試みた

始祖編の記述より

シルバーマンが地上に派遣された時、当初のシルバーマンには
兄と敵対する心は無く超人墓場に戻るように説得するつもりだったらしい


しかし兄と同様地上の生き残った超人たちに可能性を見出したシルバーマンは
兄同様後に「正義超人」の枠組みになる勢力を育てていくわけですが・・・



これらから統括する神話と事実のズレ、それをこじつける「新説」とは



ゴールドマンとシルバーマンの勢力、もともと同じ「プロレス団体」だった説


つまりその名の通りゴールドマンとシルバーマンの道場が元々は
大きな一つの超人プロレス団体であったという説



当時からシルバーマンが育てたレスラー=ベビーフェイス(善玉)
ゴールドマンが育てたレスラー=ヒール(悪玉)の区別はあっただろうが


超人たちを育てるとともに興行的な立ち振る舞いもしていたのでは無いか


そして当時の超人プロレス好きの子供がふと
「ゴールドマンとシルバーマンのガチンコ試合が見てみたい」と
言い出したのでは無いか


旧キン肉マンやドラゴンボール当時の子供たちは
「誰が一番強い?」のような話題でとにかく盛り上がったし



その一言がきっかけかどうか分からないけど
徐々に団体内で金銀兄弟の考え方や信念がすれ違っていき

団体は二分化


それが「正義超人」と「悪魔超人」のルーツであったのではないか



現「正義超人」における「残虐超人」(正義超人内におけるヒールレスラーの役割)
のようにあくまで「同じ団体の善玉と悪玉」という区別しかなかった時期があったのでは?



 結論:ゴールドマンとシルバーマンが「仲が良かった」とする記述は
元々彼らが同じ団体、道場で多数の地上超人たちを育てていた事による

ヒールレスラーとベビーフェイスの枠組みはあったが
とあるプロレスファンの子供の一言で二分化


ゴールドキャッスルとシルバーキャッスルに拠点が分かれて
「悪魔」「正義」の枠組みとして袂を分かってしまった



・・・のかもしれない


 キン肉マン感想、考察関係もくじ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア