キン肉マン1巻1話考察

※八神聖人のマンガレビューは古い巻から読み進める場合でも
「最新刊までのネタを絡めて考察する」という方法を採っています

なので現在刊行されているキン肉マン最新刊57巻までのネタバレを含む場合もございます



一巻第一話
「宇宙怪獣襲来の巻」

さぁ始まりました。伝説の第一話ですね

おっとこれは・・・巻頭カラーではございませんね

巻頭カラーとは少年雑誌の一番先頭のマンガを
カラーで描いて読者に特別感を持ってもらう、要は
「この作品を推してますよ!」という雑誌側の販促戦略?

人気の作品、新連載の作品が巻頭カラーに位置されるのですが
この頃は新連載の漫画は必ずしも巻頭をもらえたわけでは無いみたいですね

当時はギャグ漫画だから同じくギャグ漫画で
巻頭カラーをもらえなかった「わっしょい!わじマニア」の様な扱いだったのでしょうか



要は最初はキン肉マンという作品は<strong>期待されてなかった</strong>
と言えるわけなんですよ


ちなみに古い頃のジャンプだと巻頭カラーの場合
2ページ程フルカラー、以降4色カラーという方式を採っていますが
コミックスになると非常に見づらいので現在の「冒頭数ページだけフルカラー」という
方式はコスト削減にもなるし理にかなっていると思います


「地球は最大の危機を迎えていた」


ナレーションから物語は始まります


百匹以上の「宇宙」怪獣が日本に向かってきているとの事
防衛軍はウルトラ兄弟とアメリカのスーパーヒーロー(おそらくマーベルやDCコミックのキャラ)
に助けを求めます


しかしウルトラ兄弟は温泉旅行中、アメリカのヒーローも様々な理由で要請を拒否
後にキン肉マンがパロディでは無く独自路線を確立したので
彼ら実在の他作品ヒーローはいなかった事にされていますが
キン肉マンの世界においての超人強度やワザなどが気になりますね


そんな事で白羽の矢が立ったのがキン肉マン

この時はまだダメヒーローでした


第一話のオチは「キン肉マンなんぞ相手に出来ない」と
怪獣たちがひきあげていくわけですが彼らにもポリシーがあるのでしょうかね

後に地球への侵略者が怪獣から超人に変わった後でも
「勝負はあくまでリングの上で行う」というルールがあるみたいですし



さて「怪獣」ですが後の話では無かった事にされています
キン骨マン、イワオが「怪獣」に属するみたいなので最期までこの設定が生きていると言えばそうですが

怪獣退治から超人同士のレスリングに話が移行するわけですが
地球侵略、破壊などを行ってきた怪獣はどこに消えたのか


仮説としては「きちんと存在していて悪い怪獣は前線以外の超人が倒している」
カナディアンマンやスペシャルマン、それ以下も超人として生計を立てられてるのは
「怪獣をきちんと倒している」からかもしれませんね

ただ超人レスリング界がそれ以上の注目を浴びてしまって
地球に怪獣が侵略しても目立たない、倒しても感謝されないだけでしょうね






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア