キン肉マン新シリーズ(サタン編) 現時点での予想を描く (感想補足、考察) その2

 2017/07/07掲載

②サタンの正体のついて考察する



「数億年にわたる怨み」の記述からカラピリア大粛清
にて救われなかった古代超人の怨念の集合体がサタンという説


現在時点でもっとも有力な説だが
(私以外にも唱えている人が多数いる)

この説が正しいとして彼(彼ら?)が一度
協力関係を結んだゴールドマンはカラピリア大災害の際
「選ばれ救われた」10人の始祖の一人


「救われなかった自分たち」を差し置いて「選ばれた」超人であるため
嫉妬や怨みの感情がありこそすれ「仲間」または「利用」関係になるのだろうか


いや、むしろ「始祖編」でザ・マンを超えてしまったゴールドマンの素質を見越して
「ゴールドマン(と悪魔超人軍)さえ洗脳できれば我々を差し置いて生き延びた完璧超人始祖どもを
全滅させる事も可能」と考えたのか


事実彼と彼の部下(六騎士及びそれと同等のバッファローマン)によって
ジャスティスマン以外の始祖は敗北しているわけですし




 TDN宇宙支配をたくらむ悪の親玉説


前回「始祖編」の敵キャラが理念に基づいて行動していた集団であったため
今回の「サタン」は単純に地上を守る超人たちを殲滅させて
支配しようとする「わかりやすい」敵キャラにしてくる可能性もある


分かりやすく言えば怪獣退治編のテイスト



「ラスボスに昇格したキン骨マン」
といえばいいのか


次々と刺客を送り込んでくるだけの
単純明快な悪の大首領



しかしながらこのコンセプトは「二世」の悪魔の種子(デーモンシード)編
まさしく「中身はゴールドマンじゃなくてサタンじゃないの」と疑われていた
「恐怖の将」がしたことの二番煎じであり更に言うなら
あのシリーズ自体面白く無かったので同じような話は書かないと思うが

(だからこそリベンジも兼ねて同じモチーフでぶつけてくる可能性もあるが)




 悪魔六騎士とバッファローマン、サタン側の刺客説



バッファローマンに関して言えば正確には「サタンが契約を執り行った」だが

「黄金のマスク編」の記述:サタンの口から
「俺の分身である六騎士を貸してやろう」というセリフから推測する説


「悪魔超人」の源流を作ったのは間違いなくゴールドマンだが
「六騎士」とバッファローマンに関して言えば
サタンがスカウトした外様大名?派遣社員?のようなモノであり


ゴールドマンが師事した悪魔超人軍はバッファローマン以下の
先兵6人とその他無名悪魔超人を指す言葉である


「バッファローマンに1000万パワーを与えた悪魔の影」
「制裁を加えた悪魔の影」
「ミートが見た影」
「六騎士初登場時に後ろのいた影」
「悪魔将軍登場時に後ろにいた影」


これらがゴールドマンである可能性も新シリーズ開始前では
無理やりこじつける事もできたが


ゴールドマンとサタンが別人であると断言された今回
これらの「影」がサタンだと仮定すると


ゴールドマンが源流の悪魔超人とは別に
サタンがスカウトした悪魔超人が六騎士+バッファローマンであり

7人の悪魔超人を
(その中でバッファローマンはサタンがスカウトした者であるため別格だが)
六騎士が下に見ているのは
「自分たちがゴールドマンより上位の悪魔サタンの悪魔超人だから」
という誇りがあったからだった?とか


 この説はサタンの「六騎士は俺の分身」という発言を
こじつける説にはなりうるが「始祖編」の描写と比べるとやはり矛盾がありすぎる


まず「サタン軍からの外様であるはずの六騎士が将軍(ゴールドマン)に心酔している」
「7人の悪魔超人をサタン軍であるはずのスニゲーターが特訓している」


ゴールドマンがその威厳やカリスマ性を用いて
サタンから六騎士とバッファローマンを自分の部下として引き抜いてしまった?


いや、サンシャインのあの涙はそうとう長い付き合いの
主君に対してしか流せないモノだとおもう


よってこの説は却下

七人の悪魔超人も六騎士も悪魔将軍(ゴールドマン)がずっと
面倒を見てきたと考えるのが妥当


(首だけの黄金のマスクとなった後も魔界に意識だけ転送していたとか)



バッファローマンをたぶらかした影はゴールドマンであって
六騎士の背後のいた影の方はサタン


「黄金のマスク編」ではゴールドマンと六騎士その両方が
サタンに洗脳されていた


と考えるのが妥当?ちょっと無理やりすぎるか?




 ③フードの男の正体、武道の竹刀をへし折った理由など


敵の場合:
サタンの刺客と考えるのが妥当

武道の竹刀にサタンの身体、または能力が封印されているという設定が実はあり
それを握りつぶしたのはサタンを復活させるため


と考えたがそんな大事なモノならエアーズロックに放置したりせずに
回収して超人墓場の奥底深くにでも封印でもするだろうから
無いだろう


むしろサタン復活前に活動していたから
味方である可能性の方が高い


味方の場合:
カオス・アヴェニール説


「二世」を見ていない人に簡潔に説明すると
カオス・アヴェニールは超人タッグトーナメント時に
タイムスリップした時間超人とよばれる種族と同一であり

悪行・時間超人の二人を倒すため自身も過去にタイムスリップする

後に彼の活躍は「二世超人が育っていない隙間の時代」
に襲来した悪行超人たちを撃退し21世紀で伝説となった


この「悪行超人」がサタンが送り出した刺客だとしたら・・・?
時期的にもそろそろカオスが動き出してもおかしくない頃合いである

(キン肉マン達はまだ現役だがそろそろ30代)


しかしこれも
「武道の竹刀を握りつぶした意味」が不明だし


わざわざ今更「失敗」と認めた二世の設定と根本から絡める悪手を
今のゆでたまごが選ぶとは思えない

(さりげないリンクならロビンの未完成ビッグベンエッジなどがあるが)



 アタル説

カオス以上に今現れる理由が不明
武道の竹刀を折る理由も不明


次は今後の展開を予想していく?



続く















関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア