キン肉マン 振り返り バッサリ感想文 第38巻 第7話:執念のテキサス・ブロンコ!!




2017/07/20掲載

 なおも立ち上がるテリーにバッサリ言い放つマックス・ラジアル
「そんなものはやせ我慢に過ぎない」

それに対しテリーは「勝算があるからこそ立ち上がってこれる」と返します


ホンマかいな




おそらくこれは半分嘘で半分本当
「嘘」の部分はゆでたまごという作家の性質上

このセリフを書いているこの時はどうやってテリーを勝たせるか考えて無かった


だろうなといいう事


「本当」の部分は結果的にテリーに勝たせるけど
後付けで「本当に勝算があった」事にしてうまく纏めるだろうという事



仮にこの勝負が今週で決着がつくものだとしても
ゆでたまごの頭の中には「テリーをどう勝たせるか」は
このセリフを書いた時点では考えてない。絶対



 「勝算だとウソ八百ぬかすなーっ!」

ラジアルのサスペンション・ブーツをまともに浴びるテリー

サスペンションが伸びて飛距離がアップしています


しかしながらこれ系のギミックをもったキャラクターは
ワンピースの主人公しかり(要はゴム状の性質)

「その方向に敵が引っ張てくれているわけでもないのにその方向に腕、足が伸びる」

のはなんででしょうね



自分でどっかにひっかけて反動で伸ばすのならわかりますが


 スポンサ


 「オレ以外のアイドル超人がひとり正義超人軍になったとしてもギブアップしない」


スカーフェイスにバキバキに心を折られた息子に聞かせたい



「足元を見てみろ!それがオレの勝算だ~!!」


リングにちらばるゴム片はラジアルのタイヤが欠けたもの


「テキサス・ブロンコはただではやられない・・・それなりの代償は払ってもらうさ」


さきほどまで綺麗だった右側のタイヤが突如ボロボロになった事にされるラジアル



こういう後出しジャンケンも漫画が「面白くなる」なら断然ありだと思いますがね
「教えてやろう、この傷の秘密を」と言い出して今までの話で
描かれなかった傷が突然あったことのされてもそのエピソードが面白ければね


何が言いたいかというと創作の世界は本当に憶病にならざるを得なくなったなという話



 閑話休題

普通の人間社会で人を2,3回轢いたとしても(喩えがぶっそうで申し訳ないが)
あそこまでタイヤがボロボロになることは無いと思います


やはり超人だから(しかも走ってる電車を受け止めるタフネスの持ち主)
人間よりよっぽど身体が頑丈という事でしょうか


いやむしろラジアル側が「身体が硬い超人用にもっと強固なタイヤを用意しなかったのか」
っていう疑問になりますけどね


超人レスラーなのに人間社会のタイヤと同じ強度しかなかった?


 ラジアルの左側のタイヤをエルボーで執拗に狙うテリー


顔面を打った方が早いというツッコミは無しでお願いします

身長差がありすぎてあたんねーって事にしておきましょう


負けじとラジアルもタイヤを回転させますがそれがテリーの狙い


「どれだけ肘が硬いんだ」というツッコミもありますが

回転させることにより肘を添えてるだけで自動的にはがれていくラジアルのタイヤ



 「愚直なファイトも結構だがお前の左腕が二度と使い物にならなくなるんだぜ」


殺すつもりの相手にかける言葉じゃないっすよね
あくまで命は獲らず「KO負け」させて勝つつもりなら
いくらでもチャンスはあったわけですし


「お前にはまだチャンスがあるからリングを降りれば許してやる」って話でも無いし

こっちからしてみれば命を取られる可能性もあるから
何かしら犠牲にしてでも勝たなくちゃって話なんだよなあ



ここでテリーの左腕が不能になったら
残る四肢は右腕と右足だけ!?


流石にバランス悪いから犠牲にするなら右にしなさい
テリーは左利きという設定があったはず?だから尚更



 完裂タイヤを“完全に裂く”事に成功したテリー


再び「子牛の焼き印押し」の体勢に入ります



「さっきこいつはオレに仕掛けて失敗したはずだぜ~」


「黙って喰らえーっ!!」



「し・・・しまった!!」


直前までテリーの意図に気づかなかったラジアル萌え

あっち系の助詞も少なからず取り込めそう
(それを何女子と呼ぶかは断言しない)


左側のタイヤが無くなった事でまともにカーフブランディングを
被弾してしまうラジアル



この直前で武道が意味深に見据えるコマがあるので
おそらく彼はテリーの意図に気づいていたモノと思われる


完璧・無量大数軍が「個」ではなく
正義超人のようにチームとしてもっと機能していたら
セコンドとしてアドバイスを送って攻撃を躱せていたかもしれません



 「まだ右側のタイヤがある!」

テリーを上空に放り投げてビッグラジアルインパクトを狙うが


「そうはさせるかーっ」


上空に飛びあがる事はこの技の体勢を取りやすい事を意味する

テキサス・コンドルキック!!


未だにこの技を見てスグルが
「(中身がカメハメの)グレート復活じゃー!!」となったか掴めませんが
思いっきり「テキサス」って叫んでるし



 そして渾身のブレーンバスター


ラジアルの脳天をキャンバスにたたきつけます


仮面をかぶっているラジアルには効果が無さそうなんですが

と思って調べたら「兜」は無事でも脳みそは揺れる事例って言うのは
結構あるみたいですね


という事はロビンにも頭部攻撃は有効という事になります



両者ノックダウンからのカウント

キング・ザ・100トン戦では
それこそ長年ブランクがあったかのような動きに悪さで
最後両者ノックダウンの時も惜しくも立ち上がれず倒れました


 しかしこの日のテリーマンは・・・やはり一味違いました

10カウント目ギリギリで立ち上がり
左手を掲げて勝利者のポーズを取る余力


「次の相手は誰だ?全員かかってきても構わない」と
むちゃくちゃを言える余力


100トン、モーターマン戦の塩試合が嘘のような
脂の乗りっぷりです


しかし血反吐を吐いてテリーはリング外へと転落してしまいます


そこへすかさず飛びいる一人の影が


キン肉マン!!


地面に激突しそうなテリーを受け止め一言

「ようやったのうテリーマン!」



試合時間内に牛丼特盛を食べて会場に潜り込むあんたも
ようやったわ



 総評・・・95点


「二世」アレルギーの読者たちが「今回も一試合が長くなるんじゃないか」
という懸念は杞憂に変わり3週で決着がつきました

これは二世時代には考えられなかった異例のテンポです


そしてその試合内容も濃い
「最後まであきらめないテリー」カーフブランディング、テキサスコンドルキック
スピニングトーホールド、ブレーンバスター


テリーの今までがつまった一戦と言っても過言ではないでしょうか


そして最後に現れるキン肉マン

「旧作のテンポが戻ってきている」件と合わせてこの回こそが
真の「キン肉マン復活」といえる回だったのではないでしょうか



 原作カラーが発売されることによりこちらも適正価格に落ち着くはず!?



以下
簡易版全メニュー          トップに戻る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア