キン肉マン 振り返り バッサリ感想文 第38巻 第9話:地獄の決闘場(デュエルリング)へようこそ!!


2017/07/22 掲載


 前回の感想文で「銃に変身させた装飾品はどうするんだ」と
ツッコミを入れましたが読み込みが不十分だったためか
ちゃんと回収されていたことに気づきませんでした


8回以上読み返したはずなのになあ・・・
間違った情報を記載した事実、大変失礼したしました






 6つの穴のうち“完武”ストロング・ザ・武道が待つ穴から声が聞こえてきます

「もうすぐメディカルサスペンションが解けるアイドル超人たちよ~
この6つの決闘の穴(デュエルピット)を抜けてこい~っ」


2ページか先のネタバレになりますが
この穴はそれぞれのアイドル超人の故国に設置されたリングへと開通している模様
(それについてどういう仕組みかを考えてはいけない)



だったら直接向かった方が速いだろ!!



アイドル超人それぞれの故国にリング設置
メディカルサスペンションは日本では無くアイドル超人それぞれの故郷に設置されている
にも関わらず「この穴を抜けてこい」


直行させずにわざわざ日本の東京ドームに出向いて穴を抜けさせようとしている


んなアホな!!

 スポンサ





「ウォンウォン下等超人下等人間ども、オーロラビジョンを見るがいい!」


「あーっと東京ドームのオーロラビジョンに六分割された映像が映し出された―っ!」



いつカメラを設置したんだとかいつ東京ドームに送信したんだとか
つっこんではいけない


500億光年はなれたキン肉星に1フレームもラグを出さず
通信できる世界観ですから


この後も試合会場を転々とするので東京ドームに来てくれた客に
「テリーマンの一戦だけかよ金返せ!」と暴動を起こさないための物です




 「この6か所の映像はアイドル超人の故国ばかりだーっ!」



それならキン肉マンは日本じゃなくてキン肉星でなければならないんですが

何度もツッコミを入れてるけど万太郎の代までキン肉族がオリンピックの
「日本代表枠」を一つ潰してるのはもったいないから
早く「キン肉星エントリー枠」を設けろといいたい

後付け設定だろうけどシルバーマンの血を受け継ぐ一族を押しのけて
どうやって日本代表を勝ち取るのだと



 
そして6分割された画面の真ん中、ソ連の縦長映像


見づらいだろ!


なんでウォーズマンは毎回ちょっとしたものから大きなものまで嫌がらせを受ける羽目になるのか



「な、なるほど!日本代表のわたしは両国国技館というわけか!」
とキン肉マン


むしろウルフが呼ばれそうな会場選びなんですがそれは



後に引退話が読み切りに掲載するウルフマンですが
この連載開始直後は11年で読み切りは15年


4年間も読者たちは「ウルフマンは何をしているんだ」とか「かませ犬としても戦力外通知か?」
と疑問を持ったはず



 「ソ連はクレムリンの赤の広場に突如超人レスリングのリングが現れたー!」

ここも仕組みをつっこんではいけない


「早く来い~この凍れる土地と同じ氷の精神を持つファイティングコンピューターよ」



とっくに友情が上書きされていますが


クリーンインストール(超人墓場からの脱走時)したにも関わらず
二度も上書きされてしまう氷の精神


二つの精神を使い分ける方向で別のフォルダに保存はできなかったのか


 そしてウォーズマン用に送られてきたコスチュームとターボマンの流用である
ターボメンと元々のコスチュームの持ち主である?ウォーズマンが闘うとは
(実現はしませんでしたが)熱い展開ですね


旧作でたとえるなら

ウォーズマンVSスマイルマン

ブラックホールVSバミューダスリー

悪魔将軍VSバイキングマン

ビッグ・ザ・武道VSマイルドマン

サンシャインVSローラーマン

ホークマンVSコンドルマスク

といった具合でしょうか
(たとえ話がうまくいっているとは言ってない)



 中国の万里の長城ではダルメシマンが登場


そんなところに決闘場所を置いたら
「私は闘う!お前たちが悪という名の川で泳ぎ続ける限り!」

とラーメンマンが飛び上がって連載中断しちゃうだろ!!


どうも不吉の象徴しかしない万里の長城特設リングです


 「中国がホームである超人と言えば1000の技を持つアイツしかいない」



ラーメンマンの技の数は1000万から縮小されました



まあ冷静に考えて「1000万個」の技は盛りすぎでしょうし
「1000」が妥当でしょう

超人ですから「一つの技が人間の達人の技一万個分に勝る」という
苦しい言い訳で納得しましょう




「イギリステムズ川には“完刺”マーリンマンが出現!」


またロビンが水辺で、しかも水棲超人と戦うのか・・・

「二世」で不忍池で戦ったばかりなのに


しかもこの頃は水中で活動するための高濃度酸素マスクも完成していないだろうし



不吉な予感しかしねえ



「やつの仮面をこの上顎で刺してやる~っ!」


その割には硬度4.5の鉄すら貫けないスピアですけどね
ロビン相手を想定するのなら硬度9のサファイアの鎧を貫けるくらいにはしておけと


 「今度は東ベルリンブランデンブルク門に“完掌”クラッシュマンが現れたーっ」


「ギガギガ~ッベルリンに赤い雨は降らねえ私が鋼鉄の雨を降らせてやる~」


冷静に考えればものすごいヘンテコな文章だから凄い


ベルリンに赤い雨は降らねえ→ベルリンの赤い雨を使わせない
または被弾せずにブロッケンを倒して見せる

鋼鉄の雨→??


ネタバレですがこの後代わりに出てきたカーメンを
体内を構成しているネジ等で頬袋を裂くことになりますが

「鋼鉄の雨」ってそういうことでよろしいんでしょうか

「少なからず私が傷ついて身体の部品が飛び散るだろう」
という比喩で「鋼鉄の雨」を使った?


「うわー、アイドル超人との闘いだわー
こりゃネジの一本や二本飛び散るかもしれないわー」という訳でよろしいでしょうか



かっこわるっ


もっと素直に「ベルリンに赤い雨を降らせてやる・・・ブロッケンの血でな」
と下手にひねらず直球でカッコつけたほうが良かったのではと



 「両国国技館に現れたのは“完恐”ことピークア・ブーだ!!」


土俵を破壊しながらリングが出現


両国の方では無く蔵前国技館のほうだったらおそらく
土俵を壊さなくてもキン肉マンとウルフマンが闘った(予定だった)
レスリング用リングが土俵を反転させるだけで出てくるはずですがね


相撲を純粋に見に来たおじいちゃんおばあちゃんは非難轟轟するだろ

日中試合が繰り広げられる相撲を押しのけて
レスリングリングが出現、観客席も若い超人レスリングファンで埋まるとなっちゃ



 アメリカのグランドキャニオンにはストロング・ザ・武道が出現

リングは四方を鎖で岩場に繋ぐというなんとも頼りない構成
普通に武道1人の重さも耐えきれそうにないんですが


キン肉マンVSロビン(二回目)のように高く聳え立つリングでも
不安しかありませんでしたが


いい加減リングを浮かせる技術は確立しないんでしょうか

フェニックスVSソルジャーでは浮遊リングが登場したのに



 ピークア・ブーが待つ“完恐”の穴に飛び込もうとするキン肉マン
「お前はこの不毛な戦いに挑むのか」とテリーマン


「テリーよ私たちも最初は違う考え方だったではないか
お前もロビンもラーメンマンもウォーズマンやバッファローマンだって
みんな一筋縄ではいかない奴らばかり」


「かといってあの時避けて怖がって闘わずにいたら今のアイドル超人軍はできていたかのう?」


もうこのセリフだけで今回のシリーズは大丈夫
キン肉マンについていこうと私は当時思いました


「究極タッグ」のような不必要な他者に対する不信感がない
この男が本物の「キン肉マン」だと


「見えないところでラフプレー」もいい加減なかった事にしてもらいたいですが


 「俺も行く!グランドキャニオンへ!」
と完武の穴へと飛び込もうとするテリーですが

それをおしのける5つの影

「テリーマンてめえは休んでりゃいいんだよ!」


後にこの影が悪魔超人だとわかりますがこの時点でテリーに声を掛けたのは
誰なんでしょうね


口調的にはバッファローマンですがこの時はまだ東京ドームに現れて無いし
スプリングマンとも違う


武道と闘いに行った魔雲天の口調では無い気がするし
ブラックホールも微妙に違う気がする

カーメンとも違う口調だし・・・考えられるのはアトランティスかステカセキングか!?


しかし直接闘った魔雲天とは違いこの二人がテリーに声を掛ける意味は!?


ソ連ではステカセキング、中国にはブラックホールが現れ
この回は終了、次週、というか39巻への「引き」を作ります


 総評・・・93点

スグルの一言に色々と「安心」できた回
二世で脱落した人たちも安心してキン肉マンを見れるようになる
そんな回でした


そしてまさかの悪魔超人参戦の引きで
旧作からみてきた読者のテンションがマックス近くまで上がった事でしょう

ここで「巻」を切るというのはなかなか妙手だったと思います



















現行キン肉マン感想 (完璧超人始祖編) まとめ  更新履歴およびまとめのもくじ (トップ固定)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア