現行キン肉マン 第212話:破滅の6本槍!! バッサリ感想 レビュー 

2017/07/24 掲載
同日19:19 追記


 「あの背後の黒い影はーっ」

「大魔王サタン!!」




前回の引きで背後にサタンの影が現れたのは演出で
実際には見えていない可能性もありましたが違いました


これでサタンも地球に現地入り?
したことになる!?


「かつてあのゴールドマンに憑りつき
悪魔将軍として一体化したことがある世の怨念の集合体じゃ」



何気に悪魔将軍とサタンとゴールドマンの関係を明確にする情報を
さらっと口に出す委員長

なぜあなたがそれを知っている!?とツッコミたい所



前回の闘いでゴールドマンが悪魔将軍の姿で出現した時は
サタンの存在を疑わなかったのが謎ですが


これで始祖編のゴールドマンは本来の生身の肉体なのに
「わざわざ悪魔将軍のオーバーボディを作って復活した」
事が明らかになりました



サタンに関係なく元々悪魔超人たちを束ねる長だったから
「サタンに操られた頃の鎧を戒めとしてあえて纏っちゃう俺カッケー」
みたいなチョイ悪親父根性が働いちゃったのでしょうか


 スポンサ


と、同時に次の人気投票では票が割れる可能性が出てきました

カメハメ、初代グレート、テリーマン、二代目グレート、ラーメンマン、モンゴルマン
のように


悪魔将軍(ゴールドマン)と悪魔将軍(サタン憑依)に票が分かれそう



 「だがそのゴールドマンに見限られてからからは文字通り影を潜め力を落としたと思われたが」


サタン>ゴールドマンだと前回の闘いが茶番になる可能性があるし
ゴールドマン>サタンだと今回のラスボスであるサタンの格落ち感が凄くなる


あえてサタンとゴールドマンを「同等」ともとれるような発言をして
どちらの格も落とさない配慮をしたのは流石だと思います



 「やつはあのジ・オメガマンではない!」
以前のオメガマンとの違いを指摘するハラボテ



同一人物でもデザインのマイナーチェンジをちょくちょく挟む
この漫画でわざわざ登場人物に「あいつは違う」と言わせるという事は
別人なのでしょう


「私は目の前で試合を判定したからわかるジ・オメガマンの
背中の巨大な掌は右手だったがあの男の掌は左手だ!」


わざわざ遺体を元の場所に戻すくらいはじっくり観察してましたしね




「そうだオレはお前たちが知っているあのディクシアとは違う」

目の前のオメガマンがそう答えます



「ヤツの本名はオメガマン・ディクシア。オレは双子の兄
オメガマン・アリステラ!!」




「瓜二つなキャラクターを出して双子設定を後付け」



まさか現代の漫画でこんな古典的(誉め言葉)な手法を見れるとは

やっぱり昔ながらの少年漫画は伝統の味やでえ


 ディクシア(旧オメガマン)はギリシャ語で「右」
アリステラ(新オメガマン)は「左」という意味らしいです


しかしながら「見た目はほぼ同じの別人」というパターンは
前回のストロング・ザ・武道で経験しているので
いささか食傷気味ではありますが


ここはオメガマン本人であった方が面白い展開だったかもなあ


そして弟のほうが勝手に冠詞「ジ」をつけて
「唯一のオメガマン」と吹聴していた所を見るに
兄に対してコンプを抱いていたとかそんな王道な設定が垣間見えます



 「ディクシアの兄にしてオメガ一族の現当主!」


ここで「一族」という言葉を使っている所を見るに
サタンが目をかけた一族=オメガ一族という事になりそうです



これをキン肉王族でたとえると
「スグルを倒して地球支配したと思ったらアタルがやってきた」という展開でしょうか
(たとえがうまくいってるとは言ってない)



「そして我々はアルステラと常に行動を共にしてきた」


バサッ
残り5人のフードがいっせいに剥がれます



「オメガ・ケンタウリの六鎗客(ろくそうかく)だー!!」

「鎗」を変換候補に出したい場合は「そう」ではなく
「やり」と打ち込んでください(ビーンズマン知識)


そして自分の予想がモロ外れしてしまいました


ゲェーッ!全員新規超人!?



「ロビンとネプチューンキングは本命でしょうねキリッ」
と言っていた自分が恥ずかしい




「ソルジャーマンやビッグボディもありうるでしょうね」


恥ずかしやああああ





 「あのオメガマンと同じオメガケンタウルス星団からやってきたという事か」


「しかしそんな遠い所から地球に現れた目的は!?」




キン肉星の500億光年のほうがはるかに遠い距離なんですがそれは

あなたが住むハラボテ星もそのとなりに存在するから同様


オメガ星団なんてそれに比べれば17000光年しか離れていないわけですが
(旧オメガマン登場の時には16000光年説でしたが)



「そもそもサタンとのつながりは!?」

「このサグラダ・ファミリアで一体何をしようとしている!?」


質問ラッシュな委員長に兄オメガは
「一度に並べられても答えようが無いし答えるつもりはない」とバッサリ


ペラペラと素性や超人閻魔の事を話した弟と違って
兄は必要以上のおしゃべりはしない模様?



「すぐにわかるさ」
「地下に眠るお宝をおとなしくオレたちによこせばなーっ」


とうとう突入する6人のオメガ星人



 「なんとしても建物内への侵入だけは阻止するんじゃ!!」


「ハッ!!」
ハラボテの指示でオメガ一族にとびかかる新人超人たち


若い命の方を優先させろよ!!


オメガマンと同格以上の時点で勝ち目はないのは分かってるんだから
撤退させろよ



果たして若い超人たちは彼らの侵攻を食い止められるのか!?



 6人のオメガ・ケンタウルス星団の民へと攻撃を仕掛ける若き超人たち

「いつまでも先輩のアイドル超人に頼りっきりじゃ正義超人に未来はない」


今は相手との実力差を冷静に見据えて
一時退くことが正義超人の未来につながると思うんですが


当然惨殺される若手超人たち



「委員長!」

羽織を脱ぐスモウレスラーウルフマン

「さっきの復帰戦の話だがよぉ・・・早々に実現することになりそうだな!」


か・・・かっこいい・・・

ウルフマン、参戦!!


同じく死に回数が多いニンジャは始祖相手に勝ち星を挙げたが
彼も同じように負け超人のイメージを払拭できるのか!?




 総評・・・85点


すこし前回までのワクワクに比べると尻すぼみ感をくらった感じはありますね

オメガマンが別人というのは読める展開ではありましたが
採用してほしく無かった

オメガマン本人であったほうが話が面白くなったし
ゆで嶋田が言う「キャラクターがわからんまま終わって悔しい」
という雪辱のリベンジにもなる


結局「旧オメガマンとは別人」のアイディアを採ったせいで
弟の方はいつまでも「練りこみ不足」のままだし「兄の引き立て役」
としてしか機能しない


後は妥当な判断かどうか意見が分かれる
「残りの5人は全員新規超人」

デザインがどうのこうの言うつもりはございません

後付け設定で化けたサイコマンのようにいいキャラに育ってくれる事もあるし


オメガ一族=サタンが見つけた悪魔の後継者
という展開なら1話目においてミートにスポットがあたったのは何だったのか


まさかここでミートの機転でこの危機を乗り切った事が
「あの頭脳はあなどれない」とサタンが「二世」でミートを狙う理由になる!?


個人的には二世とのつながりなんか度外視して
純粋に面白い作品を描いてほしいのですが


5人全員が新規超人という事で
復活超人説はありえなくなりましたが
(とはいえまだオーバーボディの下からロビンが!?というパターンが残っている)

ロビンの復活もなければソルジャーマンの復活もない

ロビンやアタルがどうこのシリーズに関わってくるか


本当に回収できるのか心配です
(おそらく後先考えてない嶋田先生は読者以上に不安でしょうが)


さらに注目すべきセリフは5人の
「アリステラ(兄オメガ)と常に行動をしてきた」という記述


エアーズロックに落雷と共にやってきた一人のフードの男は
オメガ星人となんの関係も無い第三者である可能性も出てきました



とすると「究極タッグ」でフード姿で正体を隠す喜びを知ったアタル!?


それならそれで武道の竹刀をへし折る理由がやはりわからん



そして最後のウルフマン


頑張ってほしいけどやはり今までの扱いから察するに
負けフラグが濃厚(しかも今度は左足が故障している)


テリーマンのように優れた技師が義足を作ってくれる状況でも無いし


来週は千代の富士の命日(一周忌)ですが
これはワザと合わせてきたのでしょうかね


モデルである千代の富士の命日に敗北&死亡ではシャレにならないから
恐らく大健闘する方向だと信じたい


とかなんとか言ってるけど問題は
きちんと試合が組み込まれたらそれはそれで
「敗北か勝利かたったの一週でわかるわけない」

という所なんですよね


確実に2、3週は引っ張るだろうと



 数字のトリック!!1097万パワーズ





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア