エロマンガ先生 第12話:エロマンガフェスティバル  バッサリ感想 レビュー

 開幕ニヤニヤ生放送で新刊の評価を聞くエロマンガ先生
本を持っている手が本当に少女のそれなんですが
これを見て視聴者は男だと思うんですかね

「最高のエロ可愛イラストを描く秘策があるんだ♪」


と言ってから回想シーン


8話の辺りの合宿前段階の時間軸


「合宿・・・?行かせてあげたいけど兄さんには
引きこもりの面倒を見るという大事な使命が・・・」


自分で言って危機感を覚えないのかそのセリフ



「協力してくれたら私とムラマサがなんでも言う事を聞いてあげる」
と電話先のエルフ


またコメントが著しく伸びそうなやり取りです


そして明らかにムラマサとエルフがモデルの
エロイイラストをスライドショーするエロマンガ先生


まさかこの放送見に来てる人たちもこれが
実在の人物とは思わないでしょうね


と思ったけどエルフはツイッターで顔出ししてるんだよな・・・

一人くらい「これ山田エルフじゃね?」って気づいても良さそうですが



立ち上がってフェスティバルの幕開けだー!
と両手を上へ掲げる紗霧


フェスティバルとは一体・・・?(初見並みの感想)



 OP明け(最終回だからOPに変化があるかと思ったがそんな事なかったぜ)
料理をする正宗と床ドンで催促する紗霧

1話目のセルフオマージュです




今更だけど毎日?オムライスだとコレステロールすごくなりそうなんですが

と書いたけど
オムライスに使う分の卵二個程度なら許容範囲みたいです
むしろ善玉が増えた人も増えたとか




料理を手に部屋を訪れる正宗
一話目と違い紗霧はちゃんと外に出てお礼を言えるくらいには成長しました



 「今日エルフちゃんとムラマサちゃんが来るから!」
良い顔で伝える紗霧いや、エロマンガ先生


「フェスティバルのために!」


その言葉の意味は後々わかるとの事


 「2巻も面白い作品にするって言ったからよろしく」
と後押しするエロマンガ先生といまいち歯切れが悪いマサムネ先生



「今までずっとバトル小説書いてきたからラブコメに慣れて無くて・・・
可愛い妹のアイディアがなかなか浮かばなくて・・・」



妹に一目ぼれしてずっと一緒の家で過ごしてきたのなら
そこらへんは大丈夫だと思うんですけどね


普通の男子高校生が好きな人が出来たときにやる
デート妄想とかはやってこなかったのかな



「だから頭を撫でさせてくれ」
真剣な表情で紗霧に迫るマサムネ



「意味わかんない!」
と真っ赤になりながら頭を守る紗霧



いや、こっちが意味わかんないんですけど!


なんで「服を脱いでくれ」とでも言われたかのような
動揺具合なんですかね・・・

頭撫でられたくらいでえっちな気分になるほうが
よっぽどえっちな気がするんですが




「生で見たこと無い物は描きたくないの!」
を信念とするエロマンガ先生=紗霧の発言を引き合いに出すマサムネ



「可愛い妹の可愛いところが見たいんだ!」
と迫って頭なでなでを正当化しようと試みます



それが理由なら
サブヒロインと主人公の関係が縮まるシーンはどう書くんだよと


妹がモデルのメインヒロインの話なのに
エルフやムラマサとイチャイチャする気か





してたわ、うん


サブヒロインのルートはすでに自身で体験済みだったわこの子




そして観念したかのように無言になり
体をもじもじさせる紗霧


可愛いんだけど意識しすぎじゃないっすかね



義理だけど兄妹なんだからもっと自然体でいこーぜー(棒読み)




「ど、どうぞ・・・」
めっちゃ目をつむってる紗霧


初キスかな?




相手の同意も得たところで頭を撫でる正宗

ここの作画が紗霧の髪のサラサラ感がにじみ出ていていい感じになってます



「ふぁ・・・んっ・・・」


DEEEEEEPキスか!




めっちゃ口元が動いて色気が出ています




頭を撫でるってこういう行為だっけ?




そして耐えられなくなった紗霧は

「兄さんのえっち!スケベ!!ラノベ主人公!」


と叫んで正宗の手を払いのけます



ここも1話のセルフパロディですね




「妹の頭を撫でてえっちな気分になるなんて!!」


こっちから言わせれば


「妹の頭を撫でた兄がえっちな気分になってる気分になるなんて!!」

って感じですけどね



そして間髪入れずに担当に電話を入れるマサムネ


「めちゃめちゃすごいアイディアが湧いてきたんです!
最高に可愛い妹を描いて見せますよ!」


ただの妹を自慢したいだけの兄バカだからすごい




「ハイハイオマチシテマスー」と冷静な態度の神楽坂さん


極端な話妹自慢でもありのろけ話でもあるから
このあしらい方で正解ですね



そんなマサムネの近況を見て
「僕も頑張ろう」と健気な国光が泣ける



常識人代表としてこのスタンスを貫いてほしい

エルフやムラマサやエロマンガ先生など濃い連中に毒されちゃだめよ




家のリビングにすでに侵入しているエルフ

果たしてエロマンガフェスとはいかなる催しなのか・・・




続く





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア