現行キン肉マン 第213話:正義の5本槍!! バッサリ感想レビュー

2017/07/31 掲載


 現行キン肉マン 第213話:正義の5本槍!! バッサリ感想レビュー


 完全にゆでにやられた・・・

「うっそやろ!?」と呼んでる最中に叫んでしまった


まずタイトルからしてウルフマンに援軍が駆け付ける展開は見えていました

それでもって「今回登場する新超人は以下の5名様のアイディアを採用しました」
とあのケン広島氏を含む5人の投稿者の名前が


この時点で「新規正義超人5名が助けに来るのかな?」と思っていました



 6人のオメガ星人相手に土俵入りするウルフマン

「待てウルフマン!さっきは冗談半分でそう(復帰すれば?と)言ったが」


ひでーな委員長

素直に「お前はまだまだ現役だ」と後押ししてやれよ



 「そんな状態で闘えるわけがないやめるんだ!!」という委員長に

「聞けばキン肉マンやテリーはキン肉星で叙勲式の最中って話じゃねーか」と返すウルフ


テリーはともかくスグルは今回のシリーズでまったく姿を見せていないので
どこでなにをしているか分かりかねますが


すくなくとも今現在地球ではなくキン肉星にいる模様?


「遅刻じゃあ~」とか言いながらミートと会場に向かうも
謎の結界が張られていることを知る展開でしょうか



 「マトモに闘えるヤツが他にいないとなると・・・」


「引退は撤回だ!」


カ・・・カッコイイ




前回に引き続き謎のかっこよさを見せつけるウルフマン




 「ここでいかなきゃ大和魂ってモンに笑われるぜ」


出ました大和魂


かつてのキン肉マンも「今怪獣退治に行けば防衛軍の攻撃を受ける」
と忠告するテリーに対して「大和魂」を説きました


ここから察することが出来るキン肉マン世界の「大和魂」は
「強大な相手、不利な状況でも構わず命を懸けて闘う」事とも取れます

戦争を思い出すのでこういう表現はいかがなものかと思いますが
「特攻魂」とも言い換えられると思います


しかし実際の「大和魂」はどういった意味を持つか

調べてきました




どうも思い描いている「大和魂」とは違った物が出てきました

「世渡り上手かどうか」「勉強しているかどうか知識があるかどうか」
「複数の女性を愛せるかどうか」「天皇に対して忠義的かどうか」


「悪い意味の日本人らしさ、空気を読んで発言を控える力」
が大和魂の本質らしいです


ゆえにキン肉マンで使われている「大和魂」はむしろ
「武士道精神」と言い換えたらしっくりくると思います



上述の条件をキン肉マンに当てはめると・・・
「世渡り上手」→ベルトを渡せばミートが返ってくる場面でこれを拒否

「勉強」→頭を使う事象はミートに頼りっきり

「複数の女性を愛せるかどうか」→ビビンバは幸せにできたがマリさんは出来てない
(複数の女性を愛してそのどちらも幸せにするが「大和魂」とする記述もある)


「天皇に対して忠義的かどうか」→キン肉星の天皇に該当する人物が誰であるか
定かでないが大王である真弓であった場合これも満たしてない

真弓の写真を踏みつけて的確に急所を捉えている



やはり実際の「大和魂」とは意味が違うモノと割り切るしか無いですね




 「ドスコーイ!」と獣人型オメガ星人に張り手を浴びせるウルフマン
そのままさば折りに移ります


「この組み力・・・さっきまでの奴らとは違うようだ」


敵もウルフを過小評価しないつもりだが


「しかし・・・」


ガブッ



案の定噛みつかれるウルフ


相手が犬型(ウルフの相手としてのデザインなら狼?)の超人なので
前シリーズのダルメシマンに噛みつかれたジェロニモを思い出してしまいます



やはりこの流れはウルフがジェロのようにリンチの的にされて
倒れるだけなのか!?



「お前ひとりで何ができる!」

「手負いの超人など相手にしているヒマはない!」

と攻撃を被弾するウルフ



悪い予感は的中したか?



「いかせねえ!」

なんとか一人だけは食い止めるウルフですが

残り5人がサグラダファミリアに侵入しようとします




しかしそのうちの一人氷系のオメガマンの腕に何やら見慣れたオブジェが巻き付きます



 「何やつだ!」



ソレをみてティーパック以外の何に見えるというのだ


そう、一人目の助っ人は・・・ティーパックマン!!




めっちゃガタイが良くなっとる




それを皮切りに次々と現れる助っ人

カレクック

ベンキマン

そして




そして





カナディアンマン!?




ここで「ウソやろ!?」と叫んでしまいました




 正義超人2軍が助けに現れる展開は予想できましたが
その人選にカナディが入ってくるとは思いませんでした


しかもスペシャルマンを出し抜いてピンで出てきました



実力だけを考慮するなら
同じくカナダエントリーでパワーファイターであるビッグボディが適任でしたが


ここでビッグボディでもなくスペシャルマンとご一緒でも無く
カナディアンマンがやってきたのにはこの人選に「共通点」があったからである




 そう、第20回、または21回超人オリンピックで
決勝トーナメントにまで勝ち進んだファイナリストたちなのだ


ならば予選落ちのスペシャルマンがここに来ていないのも納得である




「俺たちだって超人オリンピックのファイナリストだ」とティーパックマン自身が発言しています


元はと言えばファイナリスト経験者であるカナディが予選落ちの
スペシャルマンと組んでいた事が珍事なのだ


それこそここで出ているティーパックマンやベンキマンと組めば
同格のパートナーという事になったろうに



 「捲土重来のチャンスは来たりーっ!!」

勝敗に関係なくここのカナディですらかっこよく見えます

オメガ星人には果敢に勝負を挑むのに時間超人相手にヘタれる基準はなんでしょうね
カナディはスペシャルマンと一緒では無く一人の方が実力も根性も引き出せるタイプなのか



 「ここを通りたくば俺たちを倒してからにしてもらおうかーっ」


頼りないけどカッコイイ


思えば2軍超人たちのこの働きはダメ超人だった頃のキン肉マンが持っていて
本人がすっかり忘れてしまった「挑戦者」としての熱意にあふれていると思います


「絶対に勝てない相手でも全力で向かっていく」
ウォーズマン戦までのスグルが持っていた挑戦者意識が彼らにはあります


しかしながら前回ラジアルにやられたカナディアンマン
武道に人間にさせられたベンキとカレクックは仕方ないとして

ここで戦う決意を見せるティーパックマンが前回リングに上がらなかった謎




「やってやるさ!」


ウルフマンを加えた「正義の5本槍」はオメガ六鎗客を見据えます




 総評・・・98点


正直「やられた・・・!!」って感服してしまう回でありました

敵側に既存超人を使わずこういう使い方をするとは


前回が持て余した悪魔超人たちの活躍シリーズだとすれば
今回は2軍が活躍する展開になっていくのか!?


 今後の試合展開予想


ウルフマンVS狼オメガ

「狼」対決ということでライオンにも見えるけどまあ狼型超人だと思いたい

ティーパックマンVS氷系オメガ

熱い紅茶なら氷に勝てる!?


カナディアンマンVS海賊系オメガ

ちょっとこの超人がロビンっぽいと言われているので
もしも中身がロビンだった場合

カナディアンバックブリーカーのコマは
旧作の「カナディアンマンVSロビンマスク」のオマージュとなっている事になる


面白い予想ができそうなのはここの組み合わせくらいでしょうか

カレクックVSテントウムシ

ベンキVSローラー?ギア?

は全く予想できないし〇〇対決という括りにはできない




 そして悪魔超人に乗っ取られるシリーズ完結巻




現行キン肉マン新シリーズ サタン編 感想まとめ 更新履歴およびまとめのもくじ (トップ固定)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア