キン肉マン ツッコミコラム#24:正義の5本槍のメンバーは弱いのか!? 本当のところの「強さ」検証 (感想・考察) その3 ベンキマン カナディアンマン編

 2017/08/12掲載

 正義の5本槍メンバーの本当のところの「強さ」を検証するコラム第3弾
ベンキマンとカナディアンマン編


 ベンキマンの強さ検証


ベンキマンの初登場は超人オリンピックザ・ビッグファイト編
前大会ぺルー代表銅ベルマンを破ったヒガンテマンを下し
代表権を得てオリンピックに参加


途中で優勝候補として躍り出たウォーズマンと違って
(作者曰く、ペンタゴンに負けるのもアリだったとか)
開催前から優勝候補として取り上げられるほどには作者の思い入れが強かった


それもそのはず、この超人のデザインは読者応募では無く
作者自らのデザイン



同じく作者デザインのテリーマンと違いアイドル超人入りこそ果たせなかったものの
その寵愛は十分すぎるくらい受けていました


 超人レスラーとして痩せすぎや太りすぎが淘汰される「ふるい落とし」や
純粋なパワーをためされる「新幹線アタック」等ベンキマンが不利そうな競技でどうやって
予選を通過したか疑問ですが彼は決勝トーナメントに進出しました


そこで彼はデモンストレ-ションを行います



予選敗退した超人をまとめて相手にして
自分に少しでも触れれば決勝トーナメントを譲るという内容の野試合


カニベース等の超人はもちろんのこと
巨体のタイルマンもダンゴ状に丸めてベンキに流してしまいます



冷静に考えれば恐怖以外の何物でもない技だから凄い


結果的に彼らは(キングコブラも?)キン肉マン
がパンツを詰まらせた際救出されるのですが
ヒガンテマンは行方不明だからそのまま消化?された可能性が高い


彼はこの一芸の他「寝技が得意」という特徴もある


彼の旧作での試合描写はこの一試合のみです



 この超人は「ベンキに放り込むことが決まれば一撃必殺」という性質上
とても「強さ」を測るのが難しいキャラでもあります


仮に悪魔将軍に対しても決まってしまえば必殺技になることは必至ですし



なので純粋にあのオリンピックでファイナリストに残った者から序列を定めると

キン肉マン>ウォーズマン>ラーメンマン>ペンタゴン>ウルフマン
≧X(ベンキマン)≧ティーパックマン>キングコブラ>チエノワキューブ



ここで既に検証が終わっているティーパックマンは「農村マン」と同等の強さと
仮説を提唱したのでこれを「農村マン」と言い換える


また、現在執筆途中の「強さランキング」にてペンタゴンは無量大数軍中位と同等と検証した

キン肉マン 個人的バッサリ強さランキング 2017


無量大数軍中位にはクラッシュマン、ターボメン、マックスラジアルなどが該当する


ベンキマンの強さは農村マン以上マックスラジアル以下の振れ幅と考えてよい


ラージナンバーズ中位連中と同等は流石に強すぎる気がするので
ラージナンバーズ下位マーベラス、ダルメシマン、ジャックチーを参考にする


ここでこの大数軍下位の3人からベンキマンとの共通点がある超人を検討する


もうおわかりだろうか?
つまりは蛇口つながりでジャック・チーなのだ

(わからない人はアニメ版ベンキーマンで検索ぅ)


 結論:ベンキマンの強さはラージナンバーズ下位ジャック・チーと同程度
六鎗客の一人一人がどの程度の強さが最低基準かは分からないが
前回シリーズの完璧無量大数軍の基準を超えていた場合は敗北するかもしれない

腹部のトイレに流し込めば実力差のある相手もKOできる可能性に満ちていて
純粋な強さの判定が難しい超人ではあるがそれは今回の試合相手
腹部に相手を放り込むギアを備えたギアマスターも同じである


ちなみにこの強さは先に検証が終わり「ラジナン中位と同等」と定めた
カレクックよりは弱い物であるので カレクック>ベンキマンが成り立つ



 最後の検証、大取を飾るのは我らが?英雄カナディアンマン!

今回のシリーズで出番が回ってくるとは知らずに私も散々こき下ろしてきました

コラムその10:カナディアンマンの実力



上記のコラムでは「正義超人パワーNO1にかまけてテクニック的な練習をサボっていた」
「だから自分よりパワーが上の基準の悪魔超人や完璧超人には手も足も出ない」
と評価してきましたがパイレートマンと組み合った際
「力自慢なら負けるかーっ!」と息巻いていたので再検証の余地ありと思いました


「超人強度」と「純粋なパワー」を別の物として考える場合です

事実、彼よりパワーが低いはずのタイルマンが新幹線アタックで
カナディアンマンより好成績を収めていますので
「超人強度」を無視して考えると

「押し出す力」という点でタイルマンには負けていますが
「持ち上げる力」という点ではまだまだトップクラスなのではないか?



 アニメ版では球場を地盤事「巨大化して」持ち上げていますが
原作ではこの時点では巨大化していません


「黄金のマスク編」ではパワーが復活したにも関わらず
リング下を支えるだけで手いっぱいになりますがここは
「知らないうちにまたパワーを奪われていた」事にしましょう



作中描写だけでいえば彼が
「重い物を持ち上げた」点ではダントツ一位です

大観衆が収容された球場を地盤ごともちあげるなんてキング・ザ・100トン
何百人分でしょうか



彼が王位争奪編で100トンを投げ飛ばせばよかったんや



かといって彼がテリーのように100トンやラジアルと闘って
無事に済むか?と言われればそうではありません


テリーがもっている不屈の根性が彼にはありません



「究極のタッグ編」の言動ばかりが取り上げられますがそれを抜きにしても
それが顕著なのが黄金のマスク編「うわーしにたくない!」
「うすのろキン肉マン」「なにをこの若造がー!(ジェロニモに対して)」

そしてパワーが復活したのにウォーズマンの身体に
飛び込む役割も棄権

性根が腐っているのは言うまでもありません



しかしここに来て少し様子が違ってきます



 その兆候は前シリーズ「完璧超人始祖編」からありました

なんとカナディアンマン、自分よりはるかに強い相手である
無量大数軍にスペシャルマンと共に立ち向かうではありませんか


結果的に彼らはあっさりとKOされてしまうのですが
それでも時間超人相手に震えていた「究極タッグ」と比べると
成長が見えます



そして今回便宜上「サタン編」と呼んでいる現シリーズ


なんとヘタレを克服?して
パイレートマン相手に果敢に組み合う彼の姿が!



作者のゆでたまご曰く
「ビッグボンバーズはあがり症なだけでアイドル超人と同じくらい強い」
との事なので仮にこれが誇張では無く本当の事だとすると

ヘタレを克服した今回のカナディアンマンは強い


という事になります


そして純粋な怪力

もしも「超人強度」が関係ない「持ち上げる力」なら全超人トップ10に入るとしたら
いくら相手がオメガマン(弟)と同格以上であろうパイレートマンも手を焼くのでは?と



ただ一口に「アイドル超人と同じくらい強い」と言っても
キン肉マン(7位付近)からブロッケンJr(38位付近)
さらに下位の50位未満であろうウルフマンとピンからキリまであります


ウルフマン以上キン肉マン以下だとちょっと振れ幅が大きすぎて
強さの指針としてはいかがな物かなと思うので


「ウルフマンが破ったブラックシップに負けたのでウルフマン以下」として話を進める


ウルフマンはおそらく強く見てもラージナンバーズ下位以下
調子があがっていたとしてもカナディアンマンはそれ以下


テリーが苦戦したキングザ・100トンには相性で勝てそうなので
王位争奪編兵隊超人よりは強い


「怪力だけのヘタレ」「カナダエントリー」という共通点から
ビッグボディが浮かび上がるが今回のシリーズで「ヘタレ」を克服でいていたのなら
ビッグボディは超えている


ビッグボディは一応運命の五王子なのでフェニックスチームの兵隊
を除く他のチームの兵隊超人よりは強い


つまり
カナディアンマン>ビッグボディ>王位争奪編兵隊超人


事実デカイだけのパルテノンやゴーレムマンには勝てそうだし


 結論:現在「ヘタレ」を克服して覚醒しつつある
カナディアンマンは良くてビッグボディ以上


王位争奪編にこの「覚悟」が出来ていれば活躍出来ていたかもしれないが
少し時代が遅すぎた


相手がラージナンバーズ以上の強さである限り
覚醒を経たとしても活躍は難しいだろう



 総評・・・正義の5本槍全員の序列編


カレクック(無量大数軍中位レベル)>ウルフマン(無量大数軍下位レベル)>
ベンキマン(ジャック・チーレベル)>恐怖を乗り越えたカナディアンマン(ビッグボディレベル)>ティーパックマン(農村マンレベル)


今シリーズはやたらとティーパックマン推しで描かれているため
この中でティーパックマンが一番弱いという結果にはならないと思うが

今現在の情報だけで彼らの強さはいかほどか検証するとこうなるだろう




あっち系の女子(それを何女子と呼ぶかは断言しない)
とともに外人にも人気があるからか!?プレミア上昇は忍者の宿命





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア