仮面ライダービルド 第2話:無実のランナウェイ ツッコミ 感想 レビュー

2017/09/10  1話感想はこちら

 今回から実況型では無く結論から言う型の感想文にするので
一話感想その2が中途半端に終わっていますがご了承ください

30分番組の物量を実況型で感想書くと4、5記事に分けるハメになるので


仮面ライダービルド 第2話:無実のランナウェイ ツッコミ 感想 レビュー

 ネタバレ注意!



 前回と今回の2話だけでこのシリーズへのとりあえずの予想はできました


今回駄作です

 

この2話がつまらないんじゃなくて「仮面ライダービルド」全体が
そうなるだろうという予測です


「まだ2話だろ?」と思う人がいるかもしれませんが
ちゃんと理論的にこの理由について答えることが出来るので
反論がある方はどしどしコメントください



 スポンサ



 まず冒頭のナレーションが寒い



主人公をナルシストキャラにしたいのか学者キャラにしたいのか
その両方か「颯爽と現れた仮面ライダー」
「心優しい俺は~」が寒すぎるし

万丈のツッコミも至極ありきたりでうまい言い回しでも無いし


あの一話で
「きっと子供たちはこの2人を好きになったはずだから
漫才形式で対話させるだで・・・」

という脚本家のニヤケ顔がもう想像できる


それをやるには20話早い上に脚本があまりにもつたない


ゾット帝国のおまけページをみているような悪寒


 OPの演出から見るヒロインの扱い



石動美空のクレジットが万丈(おそらく2号ライダー、または相棒ポジになる重要キャラ)
の次、3番目という比較的重要なポジションにクレジットされている


俺は女性記者がメインヒロインになると思っていたよ



というのも、正直

演じている役者さんが可愛くない




「龍騎」の優衣ちゃんとか同等に叩かれていたりするけど
私はあの人は当時そう思わなかったけど(少なくともブスとは言えないと思う)


ちょっと美空は・・・


髪型のせいかな?




なので1話時点では俺は


「メインヒロインではなく不思議っ子ちゃん枠にするため
あえてそうでもない俳優を起用した」

と思ってました



クラスの女子の中に一人はいそうな
異世界電波受信しているアレです


しかしOPを見た限りだと

やたらとキラキラしている、させられていると言った方が良いのか



え、メインヒロインなの?

と2話目にして驚愕しました




しかしながらここで結論を出すのは控えさせてもらう


「龍騎」で垢抜けない女性社会人「島田さん」を演じた
栗原瞳さんが次の「555」でセクシーなスマートレディを演じたように
(編集長役の津田寛治氏がメガネを外した栗原を見て驚愕した程)



美空役の彼女も演じているだけかもしれない






 フリー記者なのに「編集長」に頼ったり愚痴を言ってる


どこの社にも属さないから「フリー」なんじゃないっすかね


なのに先週氷室にセクハラされた詳細を
「他社の」編集長に愚痴っている



これがありだとしても自分が出版社に属していない
フリーの立場なら「編集長さん」「〇〇さん」
が適切な呼び方では無いだろうか?



さすがに2話しか放映していないのに

色々「雑」なのだ




 登場人物のセリフのやりとりが色々と変


美空からボトルの説明を受ける万丈も不自然

今話す事か?
しかも美空自身が「あんたまだグレーだし」と話しているにもかかわらず


「お前みたいなガキにそんな事できるのかよ」
の後ムキになる美空も不自然


「自分の能力や仕事に誇りを持っている」とするなら
もっと丁寧にそういうキャラだと描写すべし


簡単に言うと


「Aという展開に向かうため脚本にキャラクターが動かされてる」
感がものすごいのだ


 私は1話感想で
「平成ライダーの脚本パターンはおおざっぱに言えば二通りに分類される」
という持論を打ち出した


実際ライターだった井上敏樹型か小林靖子型かだ



これはキャラクターの動かし方にも適用され

「脚本がキャラクターを動かす」のが井上型で

「キャラクターが脚本を動かす」のが小林型だと個人的には思う


 スポンサ



自分の個人的好みの脚本は小林型だが

井上型も捨てがたいと思っている

「龍騎」のインペラーメインの計4話は「どうせ不幸になる」
という結末があらかじめ決まっていたからこそあそこまで
キッチリまとまって書けたと思ってるし


小林の脚本が好きになったのは「龍騎」にて
ゴローちゃんがゾルダ変身者で自分が殺してしまったと騙された事に気づいた時
ゴローちゃんに殴り掛かるのかと思いきや

「生きててくれたんだな」と感涙した時。私は小林靖子氏の脚本
いや、真司という「キャラクター」が好きになっていました


「お人よし」という設定が単なるキャラ付けではなく
「あたかも実在の人物が立ちまわっている」かのような予測できない
展開を生み出す


「病気のお母さんはいなかったんだ」という美談を素でやってくれた時
私は城戸真司というキャラクターが大好きになりました



 こちら「ビルド」の脚本家はどちらかというと「井上型」


「脚本にキャラクターが引っ張られている」感が凄く
同じタイプの井上敏樹氏のそれよりも拙く、雑



今回の美空とのやりとりも
「脱走して恋人に電話して会いに行く」という展開に持っていきたいがために
不自然な会話の流れにそれをぶち込んでいる




 かすみという人物の唐突感


「かすみ」なのに炎タイプなのか・・・というツッコミは置いといて


万丈の恋人(作中描写で見る限り)であるこの人物の唐突感がもの凄い


恐らくはこの人物を消滅させたことで
「やべー!今度のライダーの脚本超シリアスー!!」

という反応を狙っていたのだろうが(事実そういう感想がネットで見られる)



これを「シリアスな脚本」や「ハードな展開」と本当に言えるのだろうか?


かすみという人物が唐突に設定されて唐突に怪人化して唐突に消滅した



それだけの話ではないだろうか



こちら側がかすみはもちろん万丈というキャラを掴めていない状態で
このような展開を挟むのは悪手だと思いますが


「いや、唐突に出てきたキャラクターが死んだとか言われてもしらんし」
と受け取られてしまう可能性の方が高いのでは?


アニメ版「艦これ」の如月くらいの唐突感



「まどマギ」のマミさん的な効果を狙っていたとするなら
それこそ万丈とかすみという人物を丁寧に魅力的に描写するべき


「龍騎」で2話で死亡したシザースより同情できない



 
 モチーフが散らかっている感が凄い


ボトルの能力の名称は物理学者という設定上
科学的な名前になるかと思ったんですが「ゴリラ」「ダイヤモンド」
「ドラゴン」などそのまんまな名称

要するに「なんでもあり」なので面白みがない


そしてゴリラはともかくダイヤモンドに関しては
「物理学者らしくダイヤモンドの性質を応用した立ち回り」になるかと
思いきや全然そんな事なかったし


高卒漫画家のゆでたまごが描く「悪魔将軍」のほうがまだ
ダイヤモンドについて勉強してきた感がある


というわけで色々理由がありつつも
「仮面ライダービルド」を全体でとらえた場合

「この1年は期待できない」という結論にさせて頂きました



 総評・・・70点



その他気になったところ



今回使われた倉庫が「アマゾンズシーズン2」で結構衝撃的なシーン

アマゾン化した彼氏に食料を届ける彼女と同じ場所だったので
思い出しちまったじゃねーか!


くらいでしたね


要するにビルド本編が記憶に残らない


あちらのカップルの方が万丈とかすみより悲壮感あるし同情もできる



面白くなるには大幅なてこ入れによる路線変更が必要だと思います

来週は設定背景について触れるので少し期待が持てる・・・かな?




 今のところドリルである必要も無いし「ビルド」していないこの武器






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア