スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キン肉マン 振り返り ツッコミ感想レビュー 第39巻 第10話:強襲!悪魔超人軍!! 第11話:“悪魔超人”バッファローマン!!

 キン肉マン 振り返り ツッコミ感想レビュー 
第39巻 第10話:強襲!悪魔超人軍!!&
第11話:“悪魔超人”バッファローマン!!



            →→→収録巻はこちら ←←←






第10話:強襲!悪魔超人軍!!

 中国万里の長城に現れたブラックホールを皮切りに
ソビエトでステカセキング、ドイツにカーメンが現れ完璧無量大数軍と交戦します



首だけのカーメンが早速ブロッケン戦のオマージュ?のごとく
クラッシュマンに噛みつきます


今度は「肉をえぐられて脱出される」恐れがある「肩」ではなく
頸動脈へ噛みついています



 「お前も頸動脈の部分はさすがに鋼鉄では無かったようだな」


ここまで相手をわかっていながら「鋼鉄の超人相手にミイラパッケージを発動」
してしまいますかね・・・


やはりあの試合は「脚本の強制力で無理やりカーメンが負けた」感がすごい






イギリスロンドンではロビンの代わりにかつての対戦相手アトランティスが登場



 スポ1



 「かつてのライバルが助けに来る」という熱い展開ですが果たして・・・


ステカセ:ソ連(現ロシア)→ウォーズマンを手にかけたステカセだからまあ分かる

カーメン:ドイツ→ブロッケンと対戦したカーメンという事で分かる

アトランティス:イギリス→同じくロビンと対戦したアトランティスなので分かる

魔雲天:アメリカテキサス→同じくテリーとの対戦経験ありなのでわかる

ブラックホール:中国→!!!???


ブラックホールだけラーメンマンと何の接点もありませんね




国技館の方には正真正銘キン肉マン本人が登場


「王子の方がしっくりくる」というスグルの気遣いに涙

「替えのパンツはたくさん用意してありますからね」
のミートとのやりとりも懐かしい


パンツの方は
「どこから持ってきたんだ!?スグルが現役復帰する前提だったのか!?」
とツッコミ所満載ですが



モニター越しに張り手や銀のマスクや「命」やスニゲーターの体液が飛んでくる
世界観なのできっとこのパンツもモニター越しにキン肉星から取り寄せたのでしょうか



 アメリカのテキサスではテリーのかつての対戦相手ザ・魔雲天が登場して
武道にドロップをしかけます


周りの山に同化している登場シーンも懐かしいです



「日本にこんな屋根付きの球場が出来たとはなあ!」



誰が悪魔たちを呼び寄せた?と疑問を口にする一同のもとに
猛牛バッファローマンが登場


ここで10話は終了します



「キン肉マン」の時代背景が連載終了時の87年と同じなら
この「始祖編」はその一年半後の設定

「東京ドーム」は88年に設立されたので時代背景に即しています


東京ドームのためだけに時代を一年半後に設定したのでしょうかね




 総評・・・91点      


バッファローマン登場でさらなる盛り上がりを見せた当時

もうこの時点で「悪魔に戻った」事が察することが出来る内容でした

というか単行本派の場合はガッツリ表紙にバッファローマンがセンターの
7人の悪魔超人が描かれているのでネタバレオーラが半端ないですが







第11話:“悪魔超人”バッファローマン!! ツッコミ 感想レビュー  



うん、分かってたよと言った感じの題名


東京ドームに現れたバッファローマンと彼を歓迎する
観客と正義超人軍



 「他のアイドル超人のメディカルサスペンションが遅れると見込んで
かつての仲間である悪魔超人軍に助太刀を頼んだんだな!」



頭お花畑な正義超人軍。しかしバッファローマンはテリーの握手をはねのけます


「お前らしいすばらしい機転だ!」


確かにバッファローマンは頭が良いシーンが多い気がする

キン肉バスター破りの「6を9」理論もそうだし
悪魔将軍の実体となるため乗り出した時もそうだし

王位争奪編でチラっと予言書をみてソルジャーの正体を把握するのも
頭が良いと思う


真・知性チームとしてマンモスマンと共に彼がフェニックスチームに入れば
鬼に金棒、バッファローマンにロングホーン状態ですが



そして遅れて会場入りするバッファローマンのタッグパートナースプリングマン

中野さんと妻公子の座っていた席を「すまねぇな」と
譲って?もらいます


スプリングマンはともかく
バッファローマン(220kg)を耐えられるパイプ椅子ってなんなんですかね



実はトレーニングの一つとして尻を浮かせていた!?



 スポ2



 「すべてはあのお方の御心のままに」  


一体何将軍なんだ・・・


悪魔超人軍が存在を濁す「あのお方」とは一体・・・!?

その正体探しも新シリーズが盛り上がる一因に



ターボメンVSステカセキングでは
ミラクルボックスがついに発動



パワーでは劣るはずのステカセがターボメンのクラッチを強引に外して
スープレックスを決めます


ステカセに宿ったカセットの超人は?




 ステカセのボディのケースから見える「キン肉マン」の文字から
「またダメ超人の頃のキン肉マンを使ったな!下等超人め!」といった
内容の罵声を浴びせるターボメンですが・・・



なんで「キン肉マン」の文字が見えただけで
弱いころのキン肉マンを思い浮かべるんですかね・・・



マッスルスパーク習得後のキン肉マンだった場合
かなりヤバイ相手だと思うんですが




 しかしステカセがセットした超人は「弱いころのキン肉マン」でもなく
「現在のキン肉マン」でも無く・・・




キン肉マンゼブラ!!




ステカセの身体に縞模様が浮かび上がりゼブラのテクニックを駆使して
ターボメンのドロップキックを捌きマッスルインフェルノへと持っていきます



ここで「フェニックス」ではなく「ゼブラ」を持ってきている辺り
ステカセは読者目線にちかい客観視能力を新しく身に着けて
「フェニックスよりゼブラの方が強い」と「ちゃんとわかっている」
という事になります





そしてマッスルインフェルノに被弾するターボメン


「ここから」新しいキン肉マンを読んでみようと思った人もいたみたいです
ある意味「始祖編」の「一番のピーク」として語り継がれているシーンにて終了

次週に話は持ち越されます



 総評・・・92点 


悪魔超人に出戻りしたバッファローマン、インフェルノを使うステカセ
見所満載の回でしたね





 これほど彼に適したグッズは今のところ見当たらない!?
      



 以下簡易版全メニュー          トップへ戻る


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)

Author:八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。