スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無印キン肉マン ツッコミ 感想 レビュー 第6巻:パートナーをさがせ


    無印キン肉マン ツッコミ 感想 レビュー 
   第6巻:パートナーをさがせ 










   つぎつぎとタッグパートナーが決まっていく他団体




 ニューヨークに到着したローデスのタッグパートナージャンヌ・スティムボード
「旧作キン肉マン」がすでに完結した作品ですのでネタバレを言わせてもらいますけど
なんの個性も無い超人でしたね

ただの怪力馬鹿(55万パワー)との対比だけで作られたキザ系キャラという印象しかありません


一方ロサンゼルスでは地獄のスパーリングと称したしごきに耐え抜いた
デビルマジシャンをスカルボーズがパートナー任命


この二人も「ヒール」「凶器攻撃」という印象だけ植え付けて消えましたけど
ゆでたまご氏はこのシリーズで「現実的な地味なレスリング」を確立したかったのでしょうか


残念ながらジャンプ読者が求めていたのは「超人」レスリングでしたけどね

バトルにしろスポーツにしろリアル寄りの作風が受けたジャンプ漫画ってありましたっけ?



 そして怪人組のブラックシャドー

力はビューティ・ローデス(55万パワー)残忍さはラーメンマン技はロビンマスク
頭脳はキン骨マンというウルトラ超人


頭脳のキン骨マンはもちろん
ここで素材にされている超人全員キン肉マンに負けているんですがそれは


とツッコまざるを得ない




キン肉マンに勝ちたいのにキン肉マンに負けてる超人たちを寄せ集めてどうしようってんですかね

これでも頭脳がゴールドマンなら最強の一角になり得たと思うが



仮にこの時点での
「それぞれの長所を寄せ集めて最強の超人を作る」という悪魔将軍的なキャラ
を考えるとすれば

「残忍さラーメンマン」「テクニックロビン」はまあ良いとしましょう


「頭脳」はミート、「根性」はテリーマン
パワーはカナディアンマン、という配分がベストだと思うが
ここは素直にキン肉マンのパワーを使おう



「キン肉マンに勝ちたいからキン肉マンのパワーを利用するのはプライドが許さない」
という気持ちも分かるがもう少し考えて超人を合成させるべきだったと思う




 最後にキン肉マンはいまだタッグパートナーが見つからず寝るだけの毎日


「二世究極タッグ」の万太郎もそうだけどこの家系はタッグパートナー選びに
「まあ大丈夫」と高を括ってギリギリになって焦りだすパターンが多いですね


「テリーなら組んでくれる」という絶対的安心感がともすれば不安要素になり得ると思うんですが

なにが言いたいかと言うと



テリーを誘うのは良いけど早めに行動しろよ



仮にテリーがその辺のYouTuberみたいに「女性関係のスキャンダル」等で
行動不能になる事なども最悪の場合も見据えて行動すべきだと


テリーもナツコと出会う前は遊んでいたような描写もあったし


早め早めに行動してテリーを捕まえておくべきだと思いますがね




30年間も理由を「後回し」にされるテリーがマシンガンズを結成した理由は
こちらから!






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)

Author:八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。