スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現行キン肉マン第227話:アリステラの追加命令! ツッコミ 感想 レビュー


  現行キン肉マン第227話
 アリステラの追加命令! ツッコミ 感想 レビュー


本編でも登場間近!?「キン肉マンスーパーフェニックス」の
新発売フィギュアーツはこちらから!↓

キン肉マン 関連商品紹介その2:S.H.フィギュアーツ キン肉マン スーパー・フェニックス  手に入れるべき100の理由!!





ネタバレ注意!!









   オメガ六鎗客の党首としての威厳を見せるアリステラ



「収穫はあったか」と尋ねるアリステラに「無かった」と返すギヤマスター


「あれだけ好き放題やらせておいて収穫ゼロだと!?」

やはり舐めプだったか




「まああの力を引き出した物でも大したものじゃないか」
となだめるアリステラだが・・・?


「だが実際は危なかった・・・もう少しで足をすくわれかねなかった」

「そうだろうなぁギヤマスター?」

 安易にフリーザ軍のように上司に「様」付けするような組織では無く
全員が対等の存在に見えたがここにきてアリステラが「長としての威厳」を見せました


明確にアリステラが他の5人の生殺与奪すら握っていると
感じ取ることが出来る場面でした



「ギヤマスター作画がめんどそうだから負けるんじゃない?」
→「勝っちゃったよ」

→「アリステラが静かに憤怒しはじめた・・・!?よもやここでギヤマスターが殺されるのか?」


と下手に二重三重に裏を読んだけどそんな展開にはならなかったぜ




  残るお前たちに要求するハードルはグンと上がる!



その追加命令は
「そいつらの謎の力を最大限に引き出してから死ね!」という物


それに対するマリキータマンの一言

「相変わらずひねた面白い言い方をしてくれる男だ」




「死ね」というのを文字通り受け止めるのではなく
「ひねくれた言い方しかできない困ったちゃん」要素もあるという事


「ほ、本当はみんなの事心配してるんだからね!ちゃんと無事に帰ってきてよね!」

という本心があるという事でしょうか



あちら系の女子(それを何女子と呼ぶかは断言しない)が大量発生しそう


そして餌を与えられて発酵してそう



   マリキータマンは今作の空中殺法枠!




飾りだとばかり思われてた羽が開いて空中から攻撃をしかけるマリキータマン

いい加減「リング上で跳べる超人と飛べない超人」
は何が違うか説明してほしいんですが


これにより前回ペンタゴンとカラスマンがその枠に在籍していた?
「飛翔超人枠」がマリキータマンであることが判明しました


逆に言えばここで「飛翔超人枠」を出してしまったので
このシリーズでのペンタゴンの再再登場は見込めない?


「飛翔超人VS飛翔超人」という対決はなぜか旧作を鑑みても
一度も行われてないんですよね


もしも先週のフェニックスから予想できる「五王子が味方になる」展開だと

「飛翔の神」が憑依したマリポーサとマリキータマンが
「飛翔対決」する流れもあり得るのかなと思ってしまいます



まあそれだとカレクックが負ける前提なんだけどね



いや、何気にこの可能性は高いと思いますよ

どちらもそれぞれ「蝶」と「テントウムシ」という意味の「スペイン語」ですし


マリポーサと絡ませるつもりがないなら普通に英語で
「レディバグ」または「レディビートル」を使えばいいわけですし



ちなみにどうでもいい虫知識



初代「ビーファイター」のレッドルは
「テントウムシのインセクトアーマー」では無く「メスのカブトムシ」


「ビーファイターカブト」の「ビーファイターテントウ」に引っ張られて
テントウムシだと思ってる人もいるみたいだけど違います




重甲ビーファイター S.H.Figuarts ジースタッグ&レッドル セット




 

     カレクックの反撃!!



「オールスパイスシールド!!」
額のカレーを敵に投げつけるカレクック


相変わらず訳の分からないワザばかりですねこのキャラは


「ガラムマサラサミング~!!」

直訳で「カレー粉の反則技」

その名の通りカレーをマリキータ―マンの顔に擦り付けるカレクック



「正義を名乗る割に卑劣な手を使う!!」


だって残虐超人だもん

ちょっと地球に攻め込むにはリサーチ不足なんじゃないっすかね?


「正義超人」という枠組みは正確には
「正義超人」と「残虐超人」(どちらも怪獣退治や悪行超人退治を生業とする)
との混合派閥だという事を予習してないのか


「残虐超人」の方は平気で反則行為をするぞ


もしも王位争奪編の頂点に立ったのが
「残虐超人」で構成された「真・ソルジャーチーム」だったとしたら
アリステラ達も「残虐超人」を警戒したんでしょうか



 「意地でも友情パワー(火事場のクソ力)を出すか」とカレクック

「敵の目的がそれだとわかったから残虐超人にスイッチした」とも捉えられる発言ですが

「今のわたしにはその出し方すらわからない」


「残虐超人カレクック怒りと悲しみにのみ囚われ生きた」

「これが本来のわたしの姿だーっ!!」



     現行キン肉マン第227話感想まとめ



「二世」の頃やたらと「悪行超人、元残虐超人枠」のイメージとして使われたカレクック
作者的にも思い入れがあるのか読切が描かれたり今回再登場したり

これはよもや勝てる展開か!?

いや、作者に気に入られている超人が勝つなら

ゆでたまごが大好きなくだらないギャグ要因であるベンキマンが負けたのはおかしい


前作でいう所の「バリアフリーマン(ジージョマン)枠」である?
ベンキマンをあっさり死なせたと考えるとこれはあてにならん指針です


「カレクックの残虐シーンをもっと描きたいんや!」
という作者の魂が伝わってきますが果たしてそれが勝敗に左右されるのか・・・





続く


新刊発売!!↓




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)

Author:八神聖人(やがみきよひと)/ロマンGO(ロマンゴー)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。