キン肉マン197話地獄の九所封じ!の巻感想

進行形のキン肉マンもレビューしていきます

第197話地獄の九所封じ!の巻

前回の話でザ・マンは完璧始祖長所を上回る存在として書かれました
これは何気に少年漫画では珍しいタイプのボスなんですね

「軍団をまとめる長」が「それぞれの長所では部下よりわずかに劣る」
こっちのパターンの方が多いんじゃないでしょうか


ただ「総合力」でボスとして君臨しているパターンの方が多いですね
ダイの大冒険のハドラー(パワーではクロコダインの方が上)や
喩えに当てはまるかはわからないけど初代ポケモンのミュウツーなど
(とくしゅ以外のステータスは他のポケモンにNo1を明け渡している)
DIOもヴァニラに劣っている箇所もあるわけだし

「単純な戦闘力」で勝敗が決まるドラゴンボールの敵キャラなどは例外ですが

なのでザ・マンのそれは「全てにおいて始祖を上回る」
これは強さの表現としてとてつもないモノですよ


描き方を一つでも間違えれば「こいつがガンマンよりパワーがあるって嘘やん」
「カラスマンより速いって嘘やん」と言われてしまいますからね
そこはゆで先生の手腕に任せたいと思います


試合の方は将軍は得意戦術「地獄の九所封じ」に持ち込もうとしますが
武道には全く効いてないようです

これは「ジャスティスマン以上の硬さ」でしょうか
逆に将軍でもジャスティスマンに傷をつけられるかどうかは想像できないんですけどね


そしてまさかのザ・マンによる「九所封じ」返し
「それは私が授けた戦い方だ」とザ・マンは明言します

そして最後はその8握手による超人パワー吸収による次回へ引きで終了します


将軍がキン肉マンに対して行ったそれは
「超人の思考を司るツボを押して力を奪う」でしたが
今回武道が見せたそれは何かしらの能力のような描写ですね
「零の悲劇」と同じ原理のワザでしょうか


いずれにせよこのまま悪魔将軍がやられるとは思えませんが
この展開は意外でした。将軍優勢か全くの互角という展開を予想していましたから



案外ボロボロになりながらも武道のオーバーボディを破壊して
ザ・マンとしての全力を出させた後キン肉マンにバトンタッチもあり得るかもしれませんね


そして多くの読者が予測していたであろう
「今回の将軍は幽霊では無く生身」の説は確定になりましたね

武道に傷つけられた腕や足から血管のようなモノが浮き出ていますし
(鎧の上からそれが見えることは奇妙ではありますが)

つまりスネークボディは「使わない」んじゃなくて「使えない」状態である可能性が非常に高い
スグル戦で使った数々のギミック(および鉄パイプ)は「今回は悪魔としてではなく始祖として戦う」
という決意の表れでしょうか。生身の身体とともにキン肉マンから「火事場のクソ力」を会得した可能性もあるので
逆転もあり得ます


本当に今回は誰が勝ってもおかしくない展開だから面白い
(二世ではどれだけ主人公がピンチに陥っても「まぁ勝つだろう」といのが透けていたので
意外だったのはケビンのオリンピック優勝くらいで)

















関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア