キン肉マン 3巻「悪魔のテリーマン」「男の友情」レビュー

前回(レビュー無し)キン骨マンに左足を撃たれたテリーマン
その足をひきずって超人オリンピック準決勝戦 VSロビンマスクに臨みます


ゴングが鳴る前に仕掛けるテリーマン。その手には砂が握られていました
どこから持ってきたのか疑問がありますがロビンマスクに目つぶしを仕掛けるテリー
ゴングが遅れて鳴ります

ひたすら拳をロビンに浴びせるテリー
本来なら鋼鉄(サファイア?)の鎧のロビンには無駄な攻撃ですが
テリーはメリケンサックを装備していました

これもどこから持ってきたのか疑問が残りますね
足のケガが無くてももしもの時は反則する気満々だったのか

そして場外へとロビンを投げ飛ばすテリー
「テリーマンは悪魔に心を売っちまったんだ―!」

後にこのマンガでは「悪魔に魂を売る」という言葉は
「悪魔超人として悪魔将軍(またはサタン)の軍門に下る」という意味になりますが
その悪魔超人以上に実は反則の多いテリーマン

本当に彼はキン肉マンの評する「最も優しい奴」なのか?
最初期の「金にがめつい性格」も考慮してテリーマンの性格を見ていきたい

というわけで次のコラムは「テリーマン性格の遷移」



テリーマンへブーイングが飛び交いますがスペルが「BUU」なんですよね
booingなので正しい擬音はbooですがあくまで「日本人のヤジ」というのを
強調させたいのでしょうか


ここから先は「男の友情」レビュー


反則5カウントを取られる前に痛めつけて場外に投げつけたテリー
(現実のプロレスもそうですがルールがガバガバ)

しかしロビンは起き上がります

そして再度リングインのスキを狙ってテリーが
スピニング・トゥホールドを仕掛けます

何故か技を仕掛けたテリーが悲鳴を上げる
ロビンはそのチャンスを逃がさずボストンクラブ

後にテリーはこのボストンクラブを
「あの痛みは俺が一番よく知っている」と振り返ります

たまらずギブアップするテリー

勝利したロビンに拍手喝采、テリーに罵声が飛びかいます
そんなテリーを守るように抱き寄せるナツコ


キン肉マンがテリーを見限ったように吐き捨てますが
ナツコはたまらなくなりキン骨マンに撃たれた足の傷の事を晒します

「そんな傷でまともに試合できると思って!?」

だいぶ前からですけどナツコが関西弁からあっさり標準語になってるんですよね
そして二世では思い出したように関西弁キャラに戻ると


漫画とは違って関西圏の人間が関東圏に引っ越すと
外での日常会話は関西弁から標準語に変わるというリアルでしょうか

逆にリアルでいつまでも方言をつかう関東在住の関西人は周りにそのキャラを
アピールしたいだけってのがありますね

「こんな足ではリングアウト勝ちを拾うのが精いっぱいだった」
そんなテリーにロビンが「勝ったのはキミだ」と決勝を辞退する旨を話します

事実反則行為を挟んだとはいえ万全の体調でスピニング・トゥホールドが決まれば
ロビンは負けていたのでこの辞退は憐れみでは無く妥当なモノだと思います

罵声から掌を返してテリーとロビンに賛辞の拍手を送る観客
キン肉マンは人気を得るチャンスと考えたのか「いや、私が辞退しよう」と申し出ます


しかしテリーは申し訳なさから「決勝はやはり君たちが行うべき」と好意だけを受け止めます

ロビンVSテリーまたはキン肉マンVSテリーで決勝を行ったとしても
あの足のケガじゃテリーはまともに戦えないと思いますが

控室で休憩をとるキン肉マンに
テリーがロビン攻略のアドバイスを授けるため向かいます

半開きのドアから「はい代わりますって言ったらどうしようかと思ったぜ」
とキン肉マンの声


あの好意はパフォーマンスだったのかと知ったテリーマン
「俺はキン肉マンを殺す」ここで引いて3巻は終了します

子供の頃はこの発言が怖くて(まさしく物語より「引いてる」)
4巻をめくるのがちょっと勇気のいる行動でした

次の巻でテリーとキン肉マンが本気で殺し合いをしてたら嫌だよという子供心ですね

2話分の総評では無くテリーVSロビンの評価という事で考えると
92点

反則に手を染めてしまったとはいえ現行シリーズまで続く
テリーの不屈の根性を見せてくれた好試合でした







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア