現行キン肉マン201話:悪魔の仮面!!レビュー

武道の零式奥義を硬度0スネークボディで逃れようとする将軍
しかし武道はそれを許さない

どういう仕組みかは分かりませんが硬度0の将軍をガッチリ掴む武道

「硬度10ダイヤモンドパワー!」
「同じく硬度10!」

苦し紛れにダイヤモンドパワーを使用する将軍ですがこれも同じ力でアッサリ返されます


完璧・零式奥義千兵殲滅落とし


「悪魔将軍の左側顔面を粉砕ーっ!」

その割れた仮面から覗いているのは・・・金の文字
ゴールドマンの素顔!

先週「そろそろ脱いでくれないと困る」と言いましたが脱げましたね


マットに伏す悪魔将軍に驚愕する一同。その中には将軍と少しだけ因縁のある委員長も
(パワーを奪われリング下を支える御供となった)


「あの悪魔将軍が…信じられん」という表情ですが
あくまで中立の立場から業務をこなす超人委員会

「ダウンカウントだ」


そして震えだすキン肉マン

「私が最も恐れた悪魔将軍が目の前で倒れている」
現実感が沸かない模様



しかしセブンカウントの時点で武道は異変に気付く

「なぜだ」


観戦者は同じ方向に視線を送る


ここでキン肉マンの肩に手を置き一方向を指さしているバッファローマンがポイント


なぜお前は私の奥義を受けながらなお立ち上がってくることができるのだ


「貴様だけはこの私がなんとかしてやらねばならぬのだ!」
立ち上がってくる悪魔将軍ことゴールドマン

「今のはなんだ!!」
将軍と手四つになる武道

「何をしたのか教えろゴールドマン~ッ!」

「答えろ」が「教えろ」になっていくのがポイントかもしれない
(単行本で修正される可能性もアリ)

自分を超えうる力が存在するのならそれを知りたいと願ったザ・マンの
本性が超人閻魔の仮面から零れ落ちているのでは?と勘ぐってしまう



「わからぬ」

自分自身も何故耐えられたかわからない将軍


「その答えを見つけるのが約束だったはず」
「今更何故そんな力を」
「だから私は変わった」


怒涛の言葉のラッシュですがここから推測できるのは
「ザ・マンは後悔している」という事ですね


ネメシスにも言った「私は間違っていたのか?」

ザ・マンは変わってしまった自分に少なからず疑問を抱いている
そして今も


「超人たちの成長を認めてやりたいが超人閻魔としての自分がそれを許さない」
という葛藤でしょうか


その体制のまま再び「零の悲劇」へと移行する武道

ここでも武道は将軍の異変に気付きます



「いくら吸い取っても湧いてくるこの力・・・!」


「これは友情パワーなのでは!?」ミートがスグルに進言します


「それはありえん」
ここで割って入ったのがバッファローマン


「悪魔将軍様という人を知らなすぎるからそういう事が言えるのだ」
ここから悪魔将軍の回想シーンが挟まれるのでしょうか


悪魔将軍が発したパワーの謎は次回に持ち越されて終了


総評…長引くと思われた(というかこのシリーズにおける間違いなく最高潮の試合)
のですが何やら将軍の敗色がいよいよ濃厚になってきた模様

「友情パワー(もしくはクソ力)に目覚めた将軍がザ・マンを下す」という
大方の予想を覆すバッファローマンの「それはありえん」の発言

このパワーの正体は・・・実は将軍が認めないだけで友情パワーでした!
と台無しにされる恐れもありますがいまのゆでたまご先生(と担当編集)ならば
うまく仕上げてくれること間違いないでしょう

次回に期待を込めて96点

しかーし!次回は二週間後だああああ
許されることなら「次回まで期間が長いから減点」とわがままを言いたい


ここからは今後の展開の予想

バッファローマンの会話から「悪魔将軍は友情に目覚めたりしない」という
証拠たる回想シーンが始まる

または「実は友情パワーでかつて尊敬していたザ・マンに対する友情で立ち上がった」

この試合で将軍が負けるようなことがあれば
スグルVS武道の一戦の前に現状で残ってる完璧超人ネプチューンマンとピークアブーのタッグと
正義・悪魔側のウォーズマン・サンシャインのタッグで試合をする?(可能性薄し)

この3つでしょうか

まったく展開が読めませんがウォーズ・サンシャイン・ネプチューンは
持て余している感じがあるのであと一試合くらい組ませてあげてもいいのでは






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア