後付け!ラーメンマン#3 モンゴルマン編

ラーメンマンを語るうえで欠かせない要素
それが彼のもう一つの姿である「モンゴルマン」です

 「ウォーズマンにえぐられた頭の傷のため
モンゴルマンマスクをかぶらなければ活動できない」
という設定があったのですがこれは完全な後付け設定です


この頃並行して連載が始まった「闘将!拉麺男!!(たたかえ!ラーメンマン!!)」
にてラーメンマンが主役に抜擢されたため
「同じ顔のキャラが同じ連載時期のマンガに出ると読者が混乱する」
と考えたゆでたまごが超人募集にきたハガキから
「ラーメンマンの変装した姿でも違和感の無い物」を選びます
(モンゴルマンの原案自体は悪魔超人登場直後の話で確認できる)


 モンゴルマン登場直後は「モンゴルマスクはただの変装」のつもりで
それが無ければ行動不能になるという設定は考えてないはずです
その証拠に有名なシーン「スプリングマンを倒した後モンゴルマンマスクを脱ぐ」
という行動をとってもラーメンマンは無事でしたし


そもそも「マスクがないと動けない」のなら
モンゴルマンマスクではなく素顔とマスクを同一の物
「ラーメンマンマスク」を被ればいいのではないのかと

ディアボロス(バッファローマンとスプリングマンのタッグ)と戦う時も
ラーメンマンの顔のマスクをかぶっていれば最初から
ラーメンマンとしてキン肉マンに疑われず信用を得られたのでは無いか




という野暮なツッコミは置いといてモンゴルマン初登場の回から振り返ります


 ブロッケンJrVSMrカーメン戦
試合がすでに始まっている状況で現れたフードの男
「入場券を一枚」その時子供がぶつかってケースが開いて
中国服が露になります

この時点で正体はラーメンマンを匂わせる描写をしているわけです


 とどめを刺されそうになったブロッケンJrに代わり
カーメンと戦うフードの男、救世主(メシア)

この闘いの内容自体もカーメンの能力でパッケージにされる
救世主の「わたしの衣服が・・・!」


面積増えてね?
というかブロッケンに対しても初めからそれ使え

(カーメンはピラミッド内のモノならなんでも
ミイラパッケージにすることが出来ると言っている)


「この特大ストローでな!」

どこにしまってたんだ



「そうはいかないぜ!」


パッケージの中から手刀だけでそれを破る救世主

勢いをつけて手刀を振り下ろせる態勢じゃないのに凄いですね



といった野暮なツッコミはやめておきたいと思う





 ブロッケンJrを助けた後はアトランティス戦にて
満身創痍のキン肉マンを無理やり休養を取らせるため
レッグラリアートを浴びせ気絶させる


ずっとロッカーに隠れていたのかという野暮なツッコミもやめておきたいと思う



 そしてバッファローマンとスプリングマンを
1時間以内に倒さなくてはいけない状況で再び現れる救世主(メシア)


ここでフードを取り初めて観衆にモンゴルマンとしての姿を現します


60分以内に決着がつく方法それはタッグ形式と
キン肉マンに提案するモンゴルマン


 この時口調が「ですます」口調になっている事に注目していきたい

これはモンゴルマンの正体であるラーメンマンには無かった特徴だ
(闘将!の方の初めから正義の味方としての彼は除外する)


この試合の途中展開でスグルが
「ラーメンマンは決して名を明かして人を助けはしない」と
心の中で発言していますがこの頃はまだ
ラーメンマン=残虐超人の印象が強かったのでしょう

モンゴルマンに姿を変えたラーメンマン自身も
残虐超人時代に殺めた人たちへの申し訳なさなのかは分かりませんが
「正義超人モンゴルマン」として思いっきり試合をしたい
といった欲求があったのでしょうか


そしてこれが理由ならば後に語られる
「自分がマスクマンである事も忘れてファイトに夢中になった」
というセリフが嘘でないことの証明になります

もっともラーメンマンはうっかりモンゴルマンマスクをつけたまま
「自分は残虐超人」と口を滑らしたことがあるんですけどね



モンゴルマンマスクも付いてくる!
最新版(現行キン肉マン)での姿のラーメンマン
     ↓




 つまりラーメンマンは「モンゴルマン」という
口調や性格が違う他人を演じていくうちにそれを無意識に取り込んでしまったのだと


モンゴルマンマスクはラーメンマンの仮面であり素顔でもあるのだ




次もモンゴルマン関係 悪魔将軍編レフェリー~夢の超人タッグ編の話題です



続く


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア