キン肉マン1巻第5話:標的はネッシー!の巻レビュー




第5話:標的はネッシー!の巻


後にアニメではレギュラーキャラになる与作さんのインタビューから始まります
「おらネッシーを見ただ!」


ここちょっとわかりづらいので補足させていただくと
まるで「日本の湖でネッシーを見た事を日本人が証言している」ように見えますが

「日本の」一般男性である与作が「ネス湖で」ネッシーを見て
「わざわざ日本に帰ってきて関係のない湖を背に」「日本のTVの取材を受けている」

しょっぱなから茹ですぎですよこのマンガ

まあネス湖でネッシーを見たといっても地元じゃそういう人は日常茶飯事で
地元のTV局は興味を示さないから日本に情報を売ったんでしょうけど

キン肉マンは全長20メートルなら巨大化した自分の半分しかないことを根拠に
TV局に「ネッシーと対決する企画を買ってくれ」と自分を売り込みます

キン肉マンの元ネタになった数々の特撮モノでもそうなんですが
「怪獣はそこに生息しているだけで退治される」というお話が一話くらいあるんですよね

ミート君が言うようにネッシーはおとなしい生物なので退治する必要は無いんですが
現実社会でもネッシー自体が信じられてた頃はイギリスがネッシーを保護するなんて話もありましたし



さてここでキン肉マンVSネッシーのうわさを聞き付けた格闘家の間で
小劇場が展開されます。おそらく元ネタは大山倍達

大山倍達についてはこちら


至極簡単に説明すると「牛殺しや瓶切等で有名な格闘家だけど
その真実には誇張も含まれていた」事を生前に告白したそれでもすごいことには変わりない格闘家


さてネス湖に到着したキン肉マン一同とTVクルー。こいつら金持ってんな

与作さんがまたわざわざネス湖に来てまでTVに出たがります
こいつも金持ってんな


そしてネッシーが湖から顔を出しますがその身長は
巨大化したキン肉マン(推定40メートル)をはるかに上回る巨体でした

結局ネッシーはじゃれたつもりでキン肉マンの顔を嘗め回しますが
キン肉マンは恐怖のあまり失神

まだ怪獣に負けっぱなしだったころのキン肉マンはネッシーにまで黒星を着けてしまいます


ここで局長が「ネス湖まで来た費用をどうしてくれる」と言ってますが
本物のネッシーをカメラに収められただけでも十分元は取れると思うんですがね

キン肉マンとの対決企画を白紙にして番組名そのものを変えてしまえば





現実においてのネッシーは嘘ということが公表されてますよね




エイプリルフールのつもりで撮影した医師が「引くに引けなくなった」
割りばしでメンマを作るような話です

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア