エロマンガ先生 第3話山田エルフに感じた違和感

 第3話の感想追記みたいなモンです
あくまで原作・コミック未読者が3話の時点でツッコミを入れてるだけなので
先の展開を知ってる人は軽く受け流してください


山田エルフは「全裸」信仰キャラです

第2話初登場時から「全裸」「全ラノベ作家」を連呼し
第3話では「全裸こそ神が与えた衣服全裸こそ最高」

政宗も「だからお前の作品のヒロイン次々に全裸になっていくのな」
と呆れています



これ自体は構わないんですよ
「全裸」をキャラクターに組み込むこと自体は


ただ山田エルフがこの持論を語りだしてから何か違和感があったので
検証してみた結果その理由がわかりました

それは




なぜ全裸キャラなのに裸を恥じらっているのか





 これでスッキリしました。山田エルフに感じた違和はコレだったのだと

「全裸」や「局裸(局所裸体の略)」キャラというのは現実でも創作でも
「裸を見られても恥じらわない」というセオリーがありますし
そこが魅力でもあるわけです

(読者側は慌てて目をふさぐ主人公に対して
「俺だったらガン見しちゃうな~」と羨ましがることで感情移入できます)





現実世界では声優の原田ひとみ
創作の世界では生徒会役員共の七条アリア(ノーパン主義)などが該当します



彼女たち全裸、あるいは一部だけを露出した局裸主義者は
ラッキースケベに巻き込まれて裸体を晒すことになっても恥じらいません
時には訪問者への対応に全裸、あるいは局裸で対応します


対して山田エルフは「全裸」「一階」「窓全開」と見てくれと言わんばかりの
条件を備えておきながら政宗の訪問に「この覗き魔~!」と顔を真っ赤にします

いや、いいんですよ山田エルフ自体は。最近可愛いと思い始めてきたし
Tシャツも欲しくなってきたし

でも

全裸キャラならそこは全裸で対応すべき




そうすることで「おま、なんでまだ裸なんだよ!!」と
政宗の感情を動かすことで起伏が生まれます


「全裸を見られても恥じらわない」事も「全裸好きなら仕方ない」と受け入れられます



また「最初は全裸、または局裸を見られることに抵抗の無いキャラが
主人公に攻略されるにつれて恥じらいを覚える」という流れにも持っていけます


このようなサンプルを私は「裸ンデレ」と呼んでいます



山田エルフに関しては「全裸」の下りは完全に無くても
キャラとして成立するからいらなかった、もしくは「裸ンデレ」キャラにするべきだったと
個人的に私は思いましたね





         前:第3話感想     エロマンガ先生関連のもくじ    
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

八神聖人(やがみきよひと)

Author:八神聖人(やがみきよひと)
FC2ブログへようこそ!

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア